リモートワークの長期化は避けられない。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Google が授与する資格(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
その初の単著が『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』だ。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」という Google 急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。
曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」。
三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google 全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

10X(テンエックス)Photo:photoAC

 コロナ禍で一気に普及したオンラインビデオ会議ツール。

 ビジネスシーンのみならず、日常のコミュニケーションツールとしても、とても便利ですよね。

 一方でビデオ会議ツールでのコミュニケーションに関して、こんなお悩みはありませんか?

「音声が聞き取りにくいときがあるんだよね…」
「対面のコミュニケーションとは雰囲気が違って緊張するんだよな…」
「相手の反応がわからなくて、やりづらいな…」

 今回は、こうしたお悩みを一気に解決してくれる、Google Meet 3つの新機能をご紹介します。

*この3つの機能は、2022年12月と2023年1月のGoogle Workspce Updates ブログで公表され、2023年2月20日現在、しっかりと実装されています!

「音声が聞き取りにくい!」はもう怖くない!

 ビデオ会議アプリを使ったオンラインコミュニケーションでは、リアルコミュニケーション以上に音声の質が大切です。

 ちょっとした違和感が、大きなストレスを生み出すもの。

 音声の質が、会議やコニュニケーションの成否を決めると言っても過言ではありません。

 音声トラブルといえば、ハウリングや周囲の騒音など、意識すれば防げるものもあれば、通信環境やマイクの性能など、テクニカルな問題もあります。

 例えばビデオ会議の最中に「音声が途切れるな…」と感じたことはありませんか?

 そんな時に参加者全員がすぐにできる対処法は、次の通りです。

 Google Meet 画面下部の縦3点リーダーをクリックして

【9割の人が知らない Google の使い方】<br />もう使ってる? オンラインコミュニケーション力が急上昇する Google アプリ最新機能

 トラブルシューティングとヘルプをクリックします。

【9割の人が知らない Google の使い方】<br />もう使ってる? オンラインコミュニケーション力が急上昇する Google アプリ最新機能

 次の画面に移ると、CPU(人間でいう脳)の使用状況をリアルタイムで確認できたり、通話に問題が発生しているときの対処法が表示されています。

【9割の人が知らない Google の使い方】<br />もう使ってる? オンラインコミュニケーション力が急上昇する Google アプリ最新機能通話に関する問題発生時の対処法が表示されている

 どのように対応すればよいかが分かっていたら、慌てることはないですよね。