一般に、転職してからしばらくは必然的に“ワーク・ライフ・アンバランス”になります。理由は前述した通り、新しい会社、職場ではマイナスからのスタートになり、周囲と信頼関係を築き、プロフェッショナルとして成果を発揮するまでには多大なエネルギーが必要だからです。ワーク・ライフ・バランスが実現されるのは、そうやって成果を出し、自分で仕事や組織をコントロールできるようになった後です。

 もし本当に落ち着きたい、あるいはワーク・ライフ・バランスを実現したいのなら、いま働いている会社で追求したほうが早道でしょう。30代半ばの人であれば周囲との信頼関係はすでにできていて、意見も通りやすいはずです。転職を考えるのはその取り組みがうまくいかなかったからでも遅くはありません。

年収、ポジションが下がるのが嫌なら
35歳からの転職には向かない

 では、転職してうまくいくのはどういう人でしょうか。結論から述べれば「新たなチャレンジのためにリスクを取れる人」です。これは精神論を言っているのではありません。たとえば大会社からベンチャー企業へ移るという安定性のリスク、あるいは給与が一時的に下がる年収減のリスクを本当に取れるかどうか。転職に付随するこうした具体的なリスクを取れるか否かが、転職を成功させるカギになるのです。

 最近、役員報酬だけで2000万円の収入があった方が、1000万円の年俸でベンチャー企業に転職した事例がありました。転職先のベンチャー企業にとっては破格の年俸ですが、本人にとっては年収が半額になったわけです。

 なぜ、そんな転職を決断したのか。この方は前職で入社したベンチャー企業が一部上場企業に成長するというエキサイティングな体験の持ち主でした。しかし上場した後は会社の成長が一服した感があり、もう一度ベンチャーを上場するまで成長させるというエキサイティングな仕事に身を投じたいと考えたのです。

 また、年収が1000万円あった別の人は、故郷で両親と一緒に暮らし子育てをしたいという理由から、年収500万円で東京から地方の会社へ転職しました。この2人はいずれも自分が本当に求めるものが何かを考え、それを手に入れるためにリスクを取ってチャレンジしたのです。

 転職希望者に人気の高い企業がありますが、そこで本当に成功していると言えるのは人気が出る前に入社し、現在すでによいポジションと収入を得ている人です。最近人気のネット企業にしても、最初は転職する人は限られていました。ビジネスとして海の物とも山の物ともつかなかったからですが、いま成功の果実を得ているのはリスクを取ってチャレンジした人です。

 逆に転職希望者のなかには「年収が下がるのは嫌だ」「ポジションが下がるのは避けたい」と強くリスクを避けたがる人もいます。こうした「変化を好まない人」は、あまり転職には向いていません。