スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第10回】 2015年2月23日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

居酒屋で飲んでも太らないメニュー5選

第5位 ビタミンB1

豚の冷しゃぶサラダ。10時以降の飲みであれば、メインを頼む代わりに、お酒にも合いそうなボリュームサラダも選択肢に入れたい

 お酒を飲むと太る、と言われる一因には、糖質を摂りすぎてしまうことがありましたよね。それでも、居酒屋でお酒を飲んでしまうのは仕方がないとしたら、その対策をしておかなければなりません。

 まず、糖質の代謝を促進するために、ビタミンB1を多く含むメニューも取り入れましょう。ここでのキーワードは「豚肉」「豆」「きのこ」。今まであげてきたメニューをすべてオーダーしていると、自分の注文ばかり通してしまうことになるので、ビタミンB1は他のメニューとの抱き合わせで考えていただければと思います。たとえば、豚肉のグリルにする、枝豆にする、きのこのサラダにする、といった具合にです。

 上記のようなオーダーをしていれば、食卓の上はそれなりに彩りがあり、揚げ物やお肉料理で茶色一色におおわれている、なんてこともないはずですし、見た目にも満足しやすいはずです。

 お酒を飲んでも太らないけれど、「揚げ物NG」「お肉料理NG」なんて言われたら難しいですよね。1位のサラダだけは絶対に外していただきたくありませんが、まずは、そのお店にある中で良いものを足すことからはじめてみてください。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧