女性に「ひとりごと」
が多い理由

 脳梁は左右の脳の橋渡しをし、相互に情報交換をしています。

 この脳梁の後部には膨れた部分があり、膨大部と呼ばれています。この膨大部の形をみると、男の脳は棒状をしているのに対し、女の脳は球状にふくらんでいます。つまり、その断面積において女の脳が男の脳を圧倒しているのです。

 これは何を意味しているのでしょう?

 脳梁の膨大部には、後頭葉、側頭葉、さらには前頭葉からの神経繊維が伸びています。後頭葉は空間の認識や言語機能に大きな役割を果たしているし、側頭葉は記憶や聴覚と関係が深い部分です。

 当然のことながら、膨大部の断面積が広ければ、左右の後頭葉、側頭葉のパイプも太くなるというわけですね。

 さらに、脳梁の膨大部の断面積について、女性のほうが大きいというのは、女性の脳が男性の脳よりも左右の連携がいいことを意味します。

 吃音が女性に少なく男性に多いのも、女性の脳が言語機能にすぐれているからなのです。「ひとりごと」が女性に多く、相対的に男性に少ないのも同じ理由なのかもしれません。

 男性の脳と女性の脳とはあきらかに異なり、それが男女の生きざまにも微妙に影響しているのです。