ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

“依存症”ならば自己責任論は成立しない
規制なきまま社会と共存していけるのか
――ソーシャルゲームの何が問題か【後編】

石島照代 [ジャーナリスト],小山友介 [芝浦工業大学システム理工学部教授]
【第30回】 2012年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

ソーシャルゲーム市場の評価基準は
もはや「利益」以外は存在しない?

 「利潤量はしばしば別の指標が無いという理由だけで成功の指標となり、勝利の記念柱となる。かくして経済行為はスポーツのようなものになり、金融上の角逐、さらには拳闘さえ見られる。」(シュンペーター、『経済発展の理論』)

 今回のシリーズ原稿は、経済的分析を小山が、それ以外の部分を石島が担当する共著となっている。ここまでのソーシャルゲームの議論の中で、筆者(小山)の脳裏をよぎったのがシュンペーターの言葉である。つまり「ソーシャルゲーム市場は、もはや利益以外の評価基準が完全に消失しているのではないか?」ということだ。

 ソーシャルゲームが現れる前のゲーム産業は「スペースインベーダー」(1977年)を基準に数えると34年、「ファミリーコンピュータ」(1983年)からだと29年になる。若い産業であるのは間違いないが、この30年間なんとか国民的娯楽産業としての地位を築いてきた。

 そこに、ソーシャルゲームの登場である。その躍進を見ていて、いつも思っていたのは、「ソーシャルゲームの経営幹部は、シュンペーターが述べた企業家にそっくりだ」と言うことだ。

 経済学者のシュンペーターは、名著『経済発展の理論』の中で、既存の要素を組み合わせて新しい利潤機会を創出する「新結合」が企業家の役割であるとした。しかし、「企業者」の革新性は、新しい商品を開発する技術者の革新性とも、新しい理論を発見する科学者の革新性とも異なる。他の人がみすみす見逃している、大きなビジネスチャンスを見抜き、困難を乗り越えて実現させる革新性である。

 この、「既存の要素を組み合わせて新しいビジネスチャンスを生み出す」 部分が、ゲーム産業(とIT産業)全体の中でのソーシャルゲームの立ち位置そっくりなのである。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

小山友介
[芝浦工業大学システム理工学部教授]

1973年生まれ。芝浦工業大学システム理工学部教授。2002年京都大学大学院博士課程修了。博士(経済学)。東京工業大学助教等を経て現職。東工大時代に経済シミュレーション研究に従事、そこで学んだコンピュータサイエンスの知識を生かしてゲーム産業研究を行なう。専門はゲーム産業を中心としたコンテンツ産業論と社会情報学。2016年6月末に『日本デジタルゲーム産業史』 (人文書院)を刊行。

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧