「たった1分の音読で、英語がスラスラ話せる。英語4技能も伸びる」。
「そんなバカな!」と思うかもしれないが、事実だ。
今、『1分間英語音読』という本が発売即重版となり、話題になっている。著者は東進ハイスクール英語科講師の大岩秀樹氏。1分間英語音読とは、「1分と時間を区切り、中学レベルの基礎英文を繰り返す」音読法だ。
音読する英文に英語4技能(Reading・Listening・Speaking・Writing)すべてに欠かせない文法事項が盛り込まれており、「やればやるほど英語力が伸びる!」を実感できる構成になっている。内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

まずは「勝ち」を伝える形から

 本日は「勝ち負け音読」をしていただきます。「私は彼よりも英語を話すのがうまい(私の勝ち)」のように、勝敗の情報を伝えます。

大岩秀樹(おおいわ・ひでき)
東進ハイスクール・東進衛星予備校英語科講師
18歳まで英語は苦手教科の代表格で、偏差値は20台。しかし音読との出合いにより、英語力をメキメキ上げ、予備校講師として人生を歩めるほどに。受験生時代に、音読とわかりやすい授業で人生を変えてくれた予備校講師にあこがれ、予備校講師になることを決意。大学生時代は、東進の小中学部講師として指導に励む(大学受験部は学生講師不可)。自分と同じように、音読の有無のような「ちょっとしたところ」でつまずいて伸び悩む生徒の力になるため、ときには自主的に週7日体制をとり、年間300日以上指導にあたった。その後、東進ハイスクールの採用試験を通過し、23歳という若さで東進ハイスクール・東進衛星予備校の映像授業の担当講師に大抜擢。中学生から大学生を対象とする基礎講座のみならず、難関講座も多数担当。その対象の広さで得た経験から、「受験の先にある実社会で必要とされる英語力」を見据えた指導に定評がある。自身の人生を変えた、Reading・Listening・Speaking・Writingという英語4技能すべてに効果を発揮する「本当の音読(能動的音読)」を伝えることに並々ならぬ思いがあり、音読の習慣化により、危機的英語力だった生徒を難関大学に多数合格させている。また、予備校生以外でも「ちょっとしたところ」でつまずく人たちの力になりたいと、執筆活動にも力を入れている。著書に『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』(ナガセ)などがあり、学校専用教材も手がけている。

 まずは、「兄よりも私のほうが背は高いんですよ」「この時計のほうがあの時計よりも高価なんだよね」のように、勝者を伝える形から見ていきます。

(例文1)兄よりも私のほうが背は高いんですよ。

私は イコール より背が高い(兄よりも).

動作の主は イコール どのような (その他の情報)

I am taller(than my brother).

 「tall(背が高い)→ taller(より背が高い)」のように「-er」をつけることで、勝者を伝える形になります。対戦相手を明確にしたい場合は、直後に「than +対戦相手」を置きます。ここでは、「than my brother(対戦相手は兄だよ)」という明確な対戦相手のイメージが伝わってきます。

(例文2)この時計のほうが、あの時計よりも高価なんだよね。

この時計は イコール より高価な(あの時計よりも).

動作の主が イコール どのような (その他の情報)

This watch is more expensive(than that watch).

 expensive(高価な)のような、主に6文字以上の長い単語の場合は、単語の前にmore をつけます。

次は、「引き分け」を伝えよう

 「兄と私は背の高さが同じだ」「スピーキングとリーディングは同じくらい重要だ」のように、対決の結果が「引き分け」になったときのイメージを相手に伝える形があります。

(例文3)兄と私は背の高さが同じくらいなんですよ。

私は イコール 同じくらい背が高い(兄と).

動作の主は イコール どのような (その他の情報)

I am as tall(as my brother).

 「引き分け」を伝える場合、「tall → as tall」のように、対決した単語の前に「as」をつけることで、引き分けを伝える形になります。対戦相手は「as +対戦相手」の形で直後に置きます。

(例文4)スピーキングとリーディングは同じくらい重要だ

スピーキングは イコール 同じくらい重要だ(リーディングと).

動作の主が イコール どのような (その他の情報)

Speaking is as important(as reading).

 「引き分け」を伝える内容です。「勝ち」を伝える場合は、単語の長さで「-er」「more」の区別が必要ですが、「引き分け」の場合、その必要はありません。