株式投資を始めるなら、決して中途半端な気持ちで始めてはダメ。必ず勝ち残るという強い覚悟を持ってのぞもう。「成長スピード」こそが、株で勝つための分かれ道――。PR会社を経営しながら、株式投資で資産2億円を達成した上岡正明氏は、最新刊『神速株投資術』(ダイヤモンド社)の中で、株で勝ち組になるためのポイントをそのように語っています。本連載では、同書の内容をもとに、株で勝ち続ける人が持っている「考え方」「見方」「やり方」の3つの型について紹介します。

あなたの大切な資産を守るための武器を手に入れる

 すでに、あなたには株式投資はスタートが肝心だということをお伝えました。そして、そのためには「学ぶ」ことが必要だということも説明してきました。

 ただ、本連載の読者の皆さんはこうも思うかもしれません。

「いまさら、受験を控えた学生でもないのに、なにを学べというんだ」

 学ぶことが大好きな人ならいいですが、たいていの人はそうではありません。もちろん、私も同じです。そこで、連載第2回で紹介した以下の2つのステップです。

(1)何を学ぶべきか
(2)どの順番で手に入れるか

 本連載では、まず学ぶことを厳選しました。そのあと、優先順位を決めました。これで、最速で勝ち残る投資家になることを目指します。

 たくさんのことを学ぼうとすると、どうしても時間がかかってしまうものです。とくに最初のうちは、なにを学べばいいのかわからない人が大半です。

 しかし、それでは、学んでいるうちに株式投資で負けて資産を失ってしまうかもしれません。

 そこで、本連載の読者の皆さんには、まず90日以内に、投資家として自立した、勝ち残る投資家になることを目指してもらいたいと思います。

 なぜ90日かというと、行動心理学では、90日は人の行動習慣を変えるもっとも最適な期間であると言われているからです。そのために大切な「考え方」と、勝つための「戦略と戦術」をお伝えしていきます。

 本当に必要な内容をすべて網羅したうえで、最大限の効果が得られるように考えました。もちろん、90日で億万長者になれるという意味ではありませんので、誤解のないようにお願いいたします。

 ただ、本連載によって「考え方」「見方」「やり方」の3つを手に入れることで、あなたの武器と行動の選択肢は、今より格段に増えるはずです。

 優れた武器とは、相手を攻めるだけではありません。あなたの大切な資産を守るためにも役立ちます。そのために、まずは期限を決めて、しっかりと株の上級者になるための基礎を固めることに集中するのです。