食べれば食べるほど若くなる法 「1日1パックの納豆」で見た目が10歳若返る根拠
Photo:PIXTA

新著『食べれば食べるほど若くなる法』を出版した管理栄養士の菊池真由子氏が、「食べて若くなる」簡単アンチエイジング法を紹介していきます。今回の若返りフードは、「納豆」と「牛ロース」。納豆を毎日食べれば10歳見た目が若返り、牛ロースを食べることで40歳からの肌の老け方に差がつく、と菊池氏。あなたも食生活改善で、若さをキープしてみませんか。

納豆の成分「ポリアミン」は
肌の若返りに必要不可欠

 いつまでも若々しくいたい――それなら、毎日、納豆を食べることです。

 これで、あなたの見た目年齢は、10歳若返るはずです。

「老化なんてまだ先のこと」などと悠長に構えている人、油断をしてはいけません。

 じつは、見た目を左右する肌の老化は、25歳頃から始まるからです。

 25歳をすぎても、何の手立てを講じていない人は、年を重ねていくごとに、どんどん肌が老け込んでいく自分を想像してみてください。恐ろしいですよね。

 でも、毎日、納豆を食べれば、そんな心配はご無用です。

 納豆は、この肌の老化に対抗できる強力なパワーを秘めた食材だからです。