30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

英会話

ポイントは主語。視点を変えよう!

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「多くの人で混み合っていますね」

 次のような英語が頭に浮かぶかもしれません。

× It's crowded with so many people.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 「混んでいる」という状況を口に出してみます。It's crowded... (~で混み合っている)は間違いではありません。しかし、単語crowded(混み合う)を覚えるのは難しいです。さらに受動態となるため、文を組み立てる難易度が上がります。

 加えて、「多くの人で混み合っている」と言いたい場合、crowdedの後ろに置く前置詞を何にするか迷うかもしれません。

 そこで、主語を「あなた」または「私たち」にして、主語から見た世界を描写しましょう。

※関連記事 日本人の英語は長い! 「3語」で伝える10のコツ

「あなた」または「私たち」から「多くの人」が「見える」と表してみましょう。

「3語の英語」にしよう

(1)私たち (2)見える (3)多くの人

「見える」には「視界に入る」を表す動詞seeを使います。動詞seeには「目に入ってくる」というニュアンスがあります。なお、「見る」として習ったであろうlookは「視線を向けて見る」、watchは「じっくりと見る」という意味です。seeは目に入る状況をそのまま描写をするのにぴったりな動詞です。

 We see so many people.

「人」を主語にして会話を生き生きさせる

 YouやWeを主語にすることで、会話の相手を「巻き込む」ことができます。「自分たち」を会話に登場させることで、「見たまま」話す臨場感が増し、会話が「生き生き」するでしょう。例をあげます。

 We see...で「~があるね」、You see...で「~があるでしょう」、You’ll see/We’ll see...で「~が(もうすぐ)見えるから」、Do you see...?で「~が見えるでしょう?」となります。どんどん使ってみましょう。