30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

「行列」をシンプル英語で言えますか?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「お店に行列ができています」

多くの場合、次のような英文にしてしまいがちです。

× People are lining up at this shop.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 多くの人が並んでいるお店を描写します。「行列ができている=line up」が難しいと感じる方は、主語を変え、時制もできるだけシンプルにしましょう。

 見たまま状況を表現するとき、「今の状況」なので「現在進行形」を使わなくてはならないと思いがちです。しかし、今の状況であっても、動詞が「~を持っている」という「状態」を表すものであれば、現在形で表現できます。

 また、主語を「人」にしなければならない、と思わずに自由に「モノ」や「場所」を主語にしましょう。

「お店」と「行列(長い列)」を主語と目的語に決めて、並べてみましょう。「持っている」という動詞の使用を検討します。

「3語の英語」にしよう

(1)店 (2)持っている (3)長い列

 万能動詞have(持っている)を使います。主語は「人」でも「モノ(無生物)」でも大丈夫です。haveはそのままで「状態」を表すので進行形を作らずに、シンプルに表すことができます。

 The shop has a long line.

 万能動詞haveを使って、いろいろなことが言える動詞haveの目的語には、物理的なモノや人など、なんでも置くことができます。

 以下、例文をご紹介します。

The shop has many foreign customers.
They have many foreign customers.

(外国人のお客さんが多い)

The shop has good coffee and dessert.
They have good coffee and dessert.

(美味しいコーヒーとデザートがあります)

The shop has high-quality shirts.
They have high-quality shirts.

(良質なシャツを売っている)

The shop has friendly staff.
They have friendly staff.

(お店の店員が親切)

 「行列」「お客さん」「コーヒー」「シャツ」「店員」から「場所」など、いろいろなものを置いてみましょう。