30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

微妙な違いを説明できますか?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「あなたと話せてよかった」

多くの場合、次のような英文にしてしまいがちです。

× I’m glad I talked to you.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 I’m glad I talked to you. は正しい英語です。しかし発音が難しく、文の構造も複雑になっています。

 また、gladが表す「よかった」は、「楽しかった!」や「すごく嬉しい!」といった積極的なニュアンスではありません。

「ああよかった」「安堵した」という意味の「嬉しい・よかった」です。glad(嬉しい)をhappy(幸せ、すごく嬉しい)に変えて、I’m happy I talked to you. とすれば、「嬉しい! 幸せ!」という意味が強まります。

 しかしI’m happyを使う表現は、他にもI’m happy to talk to you.(あなたと[これから]話す機会が持てて幸せ)と I’m happy talking to you.(あなたと話せたのが幸せ)の2種類があり、難しくなります。

 主語(私)を置いたら、もっと積極的な動詞1語を使って、気持ちを表してみましょう。主観的に気持ちを伝えることで、会話が生き生きと動き出します。

「3語の英語」にしよう

(1)私 (2)楽しんだ (3)あなたとの話
 動詞enjoyをここでも使いましょう。enjoyの後ろには動作を表す...ingまたは経験する内容を表す名詞を置くことができます。

 I enjoyed talking to you.

※これもOK
I enjoyed talking with you.

 enjoy(楽しむ)を使えば、ポジティブな考えを伝え、コミュニケーションを円滑にできます。How did you like the trip?(旅行どうだった?)と聞かれたら、I enjoyed it.(楽しかったよ)と応答できます。

 また、プレゼンを終えた同僚に、「プレゼンよかったよ」という感想をI enjoyed your talk.と加えることができます。平易に使えて、ポジティブな感想を伝えるのにぴったりな表現です。enjoyを使った例文を紹介します。

• I enjoyed my stay.(楽しい滞在でした)
• I enjoyed the tour.(案内してもらって、楽しかった)
• I enjoyed the dinner.(夕食、楽しかった)
• I enjoyed sightseeing there.(観光が楽しかった)
• I enjoyed your talk.(あなたのスピーチ、楽しかった)
• I enjoyed spending time with you today.
(今日は一緒に過ごせて楽しかった)