世界中で大ブームの「バレットジャーナル」。ADD(注意欠陥障害)で苦しんできた発案者のライダー・キャロル氏が、自身の悩みを克服するために試行錯誤して生み出した画期的なノート術だ。なぜ世界中の人が、このノート術に見せられるのか、なぜ使う人の「人生を変える」ほどの威力を持つのか?
 発案者のライダー・キャロル氏が書き下ろした初の公式ガイド本『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』の刊行を記念して、キャロル氏が初来日。4月に出版記念トークイベントが開催された。本記事では、イベントに登壇した文具ソムリエールの菅未里氏が、キャロル氏本人が考えるバレットジャーナルの魅力や使い方について語る。

出版記念トークイベントの様子。会場:銀座 伊東屋 HandShake Lounge

生活をシンプルにするためのバレットジャーナル

菅 未里(かん・みさと)
文具ソムリエール
大学卒業後、文具好きが高じて雑貨店に就職し文房具売り場担当となる。現在は、商品企画、売場企画、文房具の紹介、コラム執筆、企業コンサルティングなどの活動を行っている。

 近年注目されているノート術「バレットジャーナル」の発案者であるライダー・キャロル氏と私との対談は、4月に銀座の伊東屋で行われた。

 中国で行われたトークショーでは1000人の席があっという間に埋めたキャロル氏だけあり、伊東屋の会場も満員であった。壇上には私とキャロル氏、そして通訳の方が上がった。シャイな印象のキャロル氏は、最初は緊張していたかもしれないが、徐々にリラックスしていったようだった。

 私は登壇前から、キャロル氏に聞きたかったことがあった。それは、本来は生活の面倒さを克服するために考案されたバレットジャーナルに、日本では華やかなイメージがついてしまったことをどう思っているか、だ。

 著書『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』にも書かれており、対談の冒頭でも自ら語ったように、キャロル氏は注意欠陥障害(ADD)を持っており、そのことはバレットジャーナル開発の動機でもあった。

 生活をシンプルにしたくてバレットジャーナルを考案したのに、人々がノート作りに凝るあまり、バレットジャーナルが面倒な方法だと思われてしまっては本末転倒である。彼は「私が人生で抱えていた課題を、ペンと紙で解決するための方法がバレットジャーナルだったのです」と言った。

バレットジャーナルは難しくない
――実践するために最も大切なこととは?

ライダー・キャロル(Ryder Carroll)
バレットジャーナルの発案者。デジタルプロダクト・デザイナー
ニューヨークのデザイン会社でアプリやゲームなどのデジタルコンテンツの開発に携わり、これまでアディダスやアメリカン・エキスプレス、タルボットなどのデザインに関わる。バレットジャーナルは、デジタル世代のための人生を変えるアナログ・メソッドとして注目を集め、多くのメディアで紹介。またたく間に世界的なブームとなる。

 キャロル氏の課題とは、言うまでもなくADDによる注意の欠如である。それを乗り越えるために発明したバレットジャーナルが難しいものであるはずはなく、ルールは最小限のはずだ。

 だから、私は聞いてみた。日本ではバレットジャーナルに難しいイメージを持っている人がいますが、簡単に始めるにはどうすれば?

 彼はこう答えた。そもそもシンプルに行えるようにデザインしたノート術なので、ルールは最低限でいい。美しいノートを作ることに問題があるわけではないが、もっと大切なのは「なぜバレットジャーナルをするのか」ということ。自分の課題を忘れないでほしい、と。

 細かい決まりは自由にカスタムしていいし、バレットジャーナル自体も利用者たちの声によってアップデートし続けているとも言った。

 ルールを守ることや綺麗な紙面を作ることよりも、情報を整理するという目的を忘れないでほしい、ということだ。