著書累計200万部突破! 「人生100年時代」といわれる今、テレビ、新聞、雑誌で話題沸騰の「きくち体操」入魂の書! 『おしりが上がる驚異のきくち体操』の著者である菊池和子先生(現在85歳)が、50年以上の「きくち体操」の歴史のなかで、のべ100万人以上のおしりを触ってたどり着いた、超・健康の極意をお伝えします。

おしりが上がれば、自然とお腹も凹み、姿勢がよくなります。見た目も若く健康的になり、肩・腰・ひざの痛みも消えて、尿トラブルも解消します。健康寿命も延び、認知症も予防できます。

この連載では、「おしりが上がるきくち体操」の実践方法を、基本から紹介していきます。他の体操とは考え方がまるで違い、動く前に意識を変えていただく必要があるため、体操の前にお伝えしたいお話からゆっくり始めていきます。また、85歳にして驚きの若さをキープする菊池和子先生の意外な習慣などについてもご紹介していきます。

年齢を重ねると体の悩みは尽きません。でも大丈夫、あきらめないでください。痛いところや動かないところがあっても誰でもできる方法で、脳と体をよみがえらせていただきたいと思います。

Photo: Adobe Stock

おしりが上がれば、お腹も凹むよ。目でよく見ることから始まります。

「自分のおしりなんて、見たこともないわ」という人は、大きな鏡の前で合わせ鏡にして、自分のおしりを見てみてください。あなたのおしりは横にはみ出さずに体の後ろ側にあって、余計なあぶら身がついていませんか? 横から見たときに、ほどよい厚みがありますか?

おしりは体の後ろにあって、自分で見ることができないので、ふだん気にしたことがない人も多いかもしれません。「大きくてイヤ」「垂れてきた」と、まるで他人のおしりみたいに嫌っていませんか? 横にデレ〜っと広がったあぶら身だらけのおしりにしてしまった人は誰? おしりに筋肉があることを知らずに、筋肉を弱らせてだら〜んと垂れさせてしまった人は誰? それではおしりに申し訳ないですよ。

自分のおしりを「小さくてカッコいい」と自慢に思っている人がいたら、それもちょっと危ないわ。おしりは大きいほうがいいんですよ。おしりの中ではたくさんの筋肉が交差して、いくえにも積み重なっているので、使える筋肉があれば、当然厚く大きくなります。