「人生を変えるのに、最も効果的なライフハックとは何だろう?」と、デイヴ・アスプリー氏はこれまで20年近くかけて、シリコンバレーの最新のラボからチベットの修道院まで、世界中のあらゆる場所に足を運んで、体当たりの自己実験で研究してきた。
さらに、脳科学、生理学、東洋哲学、心理学といった分野の専門家の他、アスリート、医師、ライフハックの達人まで、400人以上の研究者や成功者たちに、「最も重要な3つのことをあげてほしい」と取材を重ねてきた。
そんな探求の果てにつかんだ答えを「脳」「休息」「快楽」「睡眠」「運動」「食事」「幸福」「人間関係」等の分野に体系化、1冊の「究極のハック集」にまとめたのが『シリコンバレー式超ライフハック』(デイヴ・アスプリー著、栗原百代訳)だ。
著者自身、「20年前にこの本に載っていることを知っていたら、どんなに人生が違っていただろう」という衝撃的なハックが目白押しの本書から、一部を特別に公開する。

目標は、毎日「ノー」と言われること

Photo: Adobe Stock

 恐れを克服するための探求の過程で、僕はさんざんクレイジーなことを試したが、ジア・ジアンほどには過激ではなかった。ジアは起業家で講演者、ブロガーであり本の著者でもある。「拒絶」について語ったTEDトークで彼のことを知っている人もいるかもしれない。それは口コミで広まり、いまや400万回以上も視聴されている。

 ジアにインタビューしたとき、恐れをハッキングするための破天荒な手法──本人はそれを「拒絶セラピー」と呼んでいる──について聞いた。ジアの考えでは、身体が慣れてしまえば、拒絶される可能性に直面しても恐れを感じなくなるという。

 ジアが設定した目標は、見ず知らずの人にとっぴなことを頼んで、1日1回、100日間、拒絶されるということだった。ファストフード店に行って、ハンバーガーを食べ終わったときに「おかわり」を頼んだ。見知らぬ人の家のドアをノックして、庭でサッカーをさせてもらえないかと頼んだ。見知らぬ人にお金をくださいと頼んだ……などなど。ジアの目標は毎日「ノー」と言われることだった。

 ジアはさんざん拒絶されたが、面白いのは、思ったよりはるかに多く「イエス」と言われたことだ。実験の3日目、クリスピー・クリーム・ドーナツに行って、オリンピックの五輪マークのようにつながったドーナツを作ってくれと頼んだ。担当の女性が「はい」と答えて誇らしげにドーナツを運んできたとき、ジアは泣きそうになった。彼女のやさしさに感動したのだった。

 ジアの要求には応えられなくても、代わりに何かを与えようとする人も多かった。それで、ジアはこう考えた。拒絶されるのを恐れ、求めることをせずに生きてきたせいで、これまで自分はどれほど損をしてきたのかと。それは結局のところ、最初から自分に「ノー」と言っているのと同じだとジアは悟った。

 恐れをハックするために、ジアは失敗を祝うことを勧めている。用心深く安全なことだけしていれば、拒絶されることも失敗することもないが、そんなことに意味があるだろうか。失敗するほど大胆なことに挑む意思があるならば、そのことを祝おう。そのこと自体がすでに大きな達成なのだ。

(本原稿は、『シリコンバレー式超ライフハック』〈デイヴ・アスプリー著、栗原百代訳〉からの抜粋です)