「自分の考えや打ち合わせ内容をその場で図解する。このテクニックがあれば、会議、ブレスト、プレゼンが劇的に変わる。考える力と伝える力が見違えるようにアップする」
こう語るのは、アートディレクター日高由美子氏。「フレームワーク」や「キレイな絵」を一切排除し、瞬間的なアウトプット力の向上を徹底的に追求するワークショップ、「地獄のお絵描き道場」を10年以上続けています。複雑なことをシンプルに、難しい内容をわかりやすく。絵心ゼロの人であっても、「その場で」「なんでも」図解する力が身につくと評判になり、募集をかけてもすぐキャンセル待ちに。
本連載は、日高氏の処女作『なんでも図解』のエッセンスを抜粋し、「絵心ゼロの人であっても、伝わる図を瞬時に書くためのテクニック」を伝えるものです。

Photo: Adobe Stock

「図」と「絵」の違い、答えられますか?

「何を絵(アイコン)にして、何を文字で書くのか」。ここは悩ましいポイントですよね。そんな時は「目的」を明確にすると判断がしやすくなります。

 皆さんもよくご存じの『桃太郎』を通して、説明します。次の2通りの表現を見てください。画像を添付します。

①絵の要素が多い表現

②テキストと図形でのシンプルな表現

 両方とも桃太郎の話を書いていますが、同じ話でも表情豊かなアイコンが書かれている図と、単語や図形でシンプルにまとめられている図とでは印象がまったく違います。

 ①の楽しそうな絵だとツッコミどころが満載ですし、イメージも広がります。②ですとかっちりとしたビジネスモデルに近い感じに見えます。話の構造がクリアに表現されています。

 この2つの違いは何でしょう?

 絵(アイコン)が多ければ親しみがわき、シンプルにすると話の骨格がわかりやすいのです。同じ内容でもわかりやすいビジュアルが多いと受け止める場が活性化しやすくなります。シンプルにすれば構造の理解がしやすくなります。

 もちろんこれはどちらが正しいなど二極化するものではありません。その図解をどう活用したいのかを考え、アイコンを多めするのか、テキストを多めにするのかといった効果をふまえた「表現の取捨選択」を考えることが大切です。

 活性化したいミーティング(アイデアブレストなど)ではアイコンや絵の要素を多めに入れる、逆に収束したい場面ではエリア分けや囲みをしっかりとって構造化する、と、その場の目的に合わせて表現のギアチェンジをするイメージです。

「何を絵にする?何を図にする?」に悩んだら、「この図を書く目的は何か?」に立ち戻って考えてみましょう。