「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。2015年雑誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、2019年には彼女独自の片づけ法「こんまりメソッド」をテーマにしたドキュメンタリー番組が動画配信サービス「Netflix」でシリーズ化。「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」は世界190の国と地域で配信されました。同年にはテレビ番組のアカデミー賞とも言われる「エミー賞」で、2部門ノミネートされました(これは日本人初の快挙だそうです)。
麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。
初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

Photo by 千倉志野

時代の文脈を読む

 本来の自分を知り、内側にある「好き」「楽しい」「やってみたい」を始めたからといって、すぐに日の目を見るとは限りません。

 世の中の流れや、たくさんの人々が求めているものと合致する時もあれば、しない時もある。

むしろ、しない時の方が多いかもしれません。

 でも、焦らなくていい。ただ、じっと待つ。時が来るのを待てばいい。

 焦って、世の中の流れに合わせようと、あなたの本来の姿をねじ曲げてしまっては意味がありません。

 ただ黙々と自分の価値を磨くことに集中して、身近なところから発信し続けていく。すると一過性のブームではなく、大きな時代の流れに敏感になれます。

 麻理恵さんと僕の場合は、大量生産・大量消費の時代を経て、人類は新しい課題である「片づけ」を求めていると気づけたことが、まさにそれでした。

 国土が狭く人口が密集していて、経済的にも恵まれた日本でまず広がった「モノを減らして豊かに暮らす」という新しいライフスタイルが、21世紀に入って、9・11以降の価値感の転換や気候変動への関心の高まりで、ついに大量消費大国アメリカで暮らす人々にとっても、自分ごとになっていった。

 加えて、こんまりメソッドの根底にある「モノを通して自分を見つめる」という精神性の高さも、時代の流れにフィットしました。世界的な禅ブームに見られるようなマインドフルネスの流れと、無理なく合わさっていったのです。

 こんまりメソッドの中で象徴的な、「モノに感謝してから手放す」「家にあいさつをしてから片づける」といったルールは、20年前であれば欧米人にとっては不思議すぎる光景として、ほとんど受け入れられなかったかもしれません。