「多様性からの連帯」を実現する
「自分は50%間違える」

土屋:もう1つ、頭の中にモヤモヤと浮かんできたことを口にすると、社員が直してくれます。じつは、WORKMAN Plus1号店は本気で銀座に出店しようと考え、公言していました。すると社員から異論が噴出しました。
「銀座でウインドウショッピングというが、実際に消費行動を見ると、誰もウインドウなんか見てやしない」
「購入する商品がすでに決まっている人か、友達とお茶をする人しかいない」
「あんなところに出したら、売上の5割を家賃にとられる」
などと袋叩きに合いました(笑)。おかげで論点が整理され、出店候補地を絞り込んでいくことができたのです。

御立:知的シャドーボクシングだけじゃなく、他者とも試しているのですね。

土屋:日々スパーリングですね。ボコボコにされることが多いのですが(笑)。

御立:スパーリングパートナーはどんな方ですか。

土屋:マネジャー、部長クラスの社員です。新しいアイデアが浮かんだら社員10人くらいに電話で相談します。5分、10分話すといろんなアイデアをもらえます。
彼らはかなり力量があるので話していて楽しい。「私はこう考えるけど、どう思うか」と尋ねると、だいたい否定的なことを言われます。こうした社員の意見や反論を踏まえて軌道修正を行います。

御立:なぜ社員のみなさんは土屋さんに対して、きちんと否定的な意見を言えるのでしょうか。忖度されない役員になりたい読者は多いのでは(笑)。

土屋:私は「自分は50%間違える」と公言しています。
何か意見を出せば2つに1つは間違っているのです。実際、「作業服」という言葉を「ダサい」と思って、公式ホームページの「作業服」という表記をすべて「ワークウェア」に変えてしまい、かえって評判を落とすという大失敗をしました。
WORKMAN Plusを出店するとき、「WM+」にしようと思ったり、出店場所を間違ったりもしました。なんとも頼りない話ですが、それだけこれまでの勘と経験が通用しない時代に入っているのだと自覚するようにしています。

御立:ただ、若い社員からの痛烈な批判を受けて、正直頭にくることもあるのでは?(笑)

土屋:あります(笑)。でも、そこで怒ったら会社が間違った方向に進んでしまいます。
そこで「私は変える能力が高い」と思うようにしています。建設的な意見を言ってくれるのはありがたいことで、失敗を未然に防ぎ、さらにいいアクションにつながっていきます。

御立:BCGの東京事務所には「多様性からの連帯」という「書」が掲げられています。
「優秀な人材を集めても、同質集団では戦略立案に必要なアイデアのぶつかりあいに欠ける。戦略のエキスパートであり続けるためには、異質の人材を集め、彼らを組み合わせてチームにすることが不可欠だ」という思想をDNAとして持ち続けていこうという表れなのですが、土屋さんの「『自分は50%間違える』を公言する」には同じ精神を感じます。

土屋:優秀かつ多様な人材とスパーリングを重ねることがよい戦略を立案する方法だとしたら、そこには作法が必要だということでしょうか。

御立:まさにそのとおりだと思います。