スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が話題となり、ロングセラーとなっている。
ベストセラー作家で“日本一のマーケッター(マーケティングの世界的権威・ECHO賞国際審査員)”と評された神田昌典氏が「現代版『武士道』というべき本。新しい時代に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と言った本とは一体なにか。スタンフォードにいる著者を直撃した。(これまでの人気連載はこちら)。

子ども部屋 勉強机
Photo: Adobe Stock

子どもが勉強するのに最適な環境

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

仕事柄、「子どもが勉強するのに最適な環境は何か?」という質問を受けることが多々あります。

確かに、効果的な勉強法や教材が見つかっていても、勉強する環境がしっかりしていなくては台無しです。

教室でも、勉強部屋でも、子どもの勉強をサポートするにあたって勉強に最適な環境を整えたいと思うのは、教師であっても親であっても同じです。

ビジネスパーソンの方なら、自分の仕事や自分の会社の仕事環境だって同じでしょう。

今回はいくつか研究の進んでいる分野をピックアップし、学びに合った環境づくりについて考えていきたいと思います。

暑いか寒いかより、暑いの好きか? 寒いの好きか?

温度と学習効率は、これまでもさかんに研究が進んできた分野です。

当然ですが、寒すぎても、暑すぎても、勉強効率が下がります。

研究で明らかになってきたのは、寒いよりも、暑いほうが特に効率が下がるということです。

また、単純な作業より、複雑な作業をしているときのほうが、温度差が出やすいというのも有名です。

こういった研究結果が出てきているのですが、適温なら、実際の温度と学習効率の差はそれほど見られないようです。

まずは、通常、私たちが生活していて、寒すぎる!暑すぎる!というような環境を避けることが大切です。

それでも、ベストの温度が知りたい! という方に朗報です。

通常の心地よい温度内であれば、その子どもの好みが大きく影響してくるという研究報告がされています(“Preferred, but not objective temperature predicts working memory depletion,” Roberta Sellaro, Bernhard Hommel, and Meriem Manaı¨, Lorenza S. Colza)。

つまり、すずしいのが好きな人は、すずしい環境で勉強をやると効率が上がり、暑いのが好きな人は、少し高めの温度設定がいい。「何度がベスト」という明確な基準があるわけではなく、その人の好みに合わせた温度が最適ということなのです。

子どもの勉強環境を最適化するのが目的の場合は、子どもにエアコンのリモコンを渡したほうがよさそうです。