初心者のための「老後資金」対策講座
写真はイメージです Photo:PIXTA

銀行預金は安全資産だから株式や外貨より安心だと考える人は多い。だが、預金もインフレで目減りするリスク資産であるから、分散投資が必要になるだろう。(経済評論家 塚崎公義)

日本人の金融資産は銀行預金が圧倒的
過去の株式投資へのイメージも影響か

 日本銀行が、日本、アメリカ、ユーロ圏の家計金融資産の内訳を定期的に公表している。それによると、日本の家計金融資産に占める銀行預金の比率が圧倒的に高いことがわかる。

「日本で金融資産を持っているのは、主に高齢者であり、高齢者は一般に保守的である」

「バブル景気の頃まで、株式投資に対する世の中のイメージが悪く、『株に手を出す』といった表現が普通に使われていたため、高齢者は株に対するイメージが悪い」

「日本では過去数十年にわたりインフレを経験していないので、銀行預金が目減りするという認識が薄い人が多い」

 といった理由であろうか。