婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%!「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。
マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回はその中から、買って来たお惣菜をパックのまま出すか、お皿に移すかについてご紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

買って来たお惣菜を、そのまま食卓に出していいの?

デパ地下やコンビニなどで購入されたお惣菜。お皿に移して召し上がっていますか?

「洗い物を増やしたくないから、そのまま出す」など、多忙な方にとってはもっともなご意見ではありますが、ほんのひと手間で食事の時間に優雅さと余裕が生まれます。ペットボトルの飲み物や缶ビールなども、お気に入りのグラスを添え、ちょっとしたお菓子であっても、袋のままではなくお皿に移されるとより幸せを感じられるひと時となるでしょう。

ただし、持ち寄りパーティなど、訪問先のお宅であれば、ホスト側の手間を配慮し、ひと言「お皿に移します?」「グラスを用意しましょうか?」と尋ねてみましょう。もしみなさんが気になさらないなら、その場はそのまま召し上がっても。

自宅か訪問宅かなど、その都度、皆さんにとって心地良い方法を考えられるのが、育ちがいい人です。

『「育ちがいい人」だけが知っていること』では、普段の生活の中で「育ち」が出てしまうポイントや、どうふるまうのが正解か?というリアルな例を250個も紹介しています。誰にも指摘されたことがないのに、実は「あの人は、育ちが……」なんて周囲の人から思われているとしたら、本当に恥ずかしいですよね!今さら聞けないことばかりですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。