誰しも悩みや不安は尽きない。寝る前にイヤなことを思い出して、眠れなくなるなんてことも……。そんなときの助けになるのが、『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』から生まれた小説『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)だ。ゲイのカミングアウト、パートナーとの死別、うつ病の発症……苦しんだ末にたどり着いた、自分らしさに裏づけられた説得力ある言葉。とても読みやすいオムニバス形式の短編集は、アナタの心が落ち込んだとき、そっと優しい言葉を授けてくれるYouTube「精神科医Tomyの人生クリニック」“言葉の精神安定剤”で、気分はスッキリ、今日がラクになる!

【精神科医が教える】<br />人は無意識に支配されている…他人からの“傷つくひと言”にどう対処すればいいのか?

傷ついたひと言をどう処理するか?

心ないひと言に傷ついたことはありませんか? 相手に悪意はないのかもしれませんが、心に引っかかるひと言。些細なことに自分の時間を奪われていると思うと、バカバカしいとは思いつつ、相手の放ったひと言が心に刺さって頭から離れない……。

こんなときに理解しておきたいのは、心に引っかかるのは最初だけだということ。時間が経てば、頭に浮かんでこなくなります。だから、それまでの時間をなるべく意識せず、気楽に過ごすという考え方がベースになります。

他のことを考えるように仕向ける

では、具体的になにをすればいいのか? 簡単なのは、他のことを考えるということ。なにも考えてないと、ネガティブなことを考えがちなので、なるべく他のこと考えるように自分を仕向けるといいです。

会社の仕事や学校の宿題があるのであれば、そちらに意識を向けて黙々と打ち込む。趣味でもなんでもいいです。他のことに集中していると、おのずとイヤなことは思い浮かばなくなります。すると、だんだんと、他のことに意識を向けなくても、イヤなことが頭に浮かばなくなる時期がやってきます。

時間という“最強キャラ”にお任せする

相手に悪気があるわけではないかもしれないのであれば、自分が勝手に傷ついているということは、頭のどこかでわかっているはず。そのことを認識すれば、もっと早く気にならなくなります。信用していた人に裏切られたという相手の悪意を感じることであっても、それが過去になればなるほど、はやり時間が解決するんですね。

時間の解決力というのは相当なもので、なんでも解決してくれる“最強キャラ”みたいです。そんな最強キャラにお悩みの解決をお任せして、その間はなるべく違うこと考えることに徹する。

気になるのは最初だけで、時間が経てば消え去ることをまずは認識することがポイント。そのうえで、他のことで時間つぶしをする。シンプルですが、こういうスタンスが有効なんです。

本稿は『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)の著者が日々お届けする“心のサプリメント”です。