敬語は相手や状況によってフィットするレベルを選ぶ

 敬語は、相手との関係によって、重くしたり軽くしたりして使い分けます。次のようなランクをめやすにして選ぶとよいでしょう。
 なお、メールでの敬語は、ビジネス文書での敬語よりも軽めになりますので、ここではメール標準で示します。

軽 社内メール 気心の知れた社外担当者同士のメール
中 取引先への事務的な業務連絡、身近な目上の人へのメール
重 VIP、ふだん会わない年長者、面識のない相手への初メール

「送ってください」

軽 お送りください。
中 お送りください。
  お送り(ご送付)くださいますようお願いします。
  お送り(ご送付)いただきたくお願いいたします。
重 お送り(ご送付)くださいますようお願いします。
  お送り(ご送付)いただきたくお願いいたします。
  ご送付賜りますようお願い申し上げます。

→「お手数ですが」「誠に恐縮ですが」などをのせるのがていねい。

「会いたいのですが」

軽 お会いしたいと思っております。
  お会いできれば幸いです。
中 お目にかかりたいと思っております。
  お目にかかりたく存じます。
  お目にかかれれば幸いです。
重 お目にかかりたく存じます。
  お目にかかりたくお願い申し上げます。
  お目にかかれましたら幸甚に存じます。

→打ち合わせをお願いする場合は、お会いしたいという表現の代わりに、「打ち合わせをさせていただきたく、お願いいたします」「一度打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」などの表現でもよい。

→「お忙しいところ恐れ入りますが」「ご多忙のところ恐縮ですが」などの言葉をのせると、よりていねい。

「できるかどうか意向を聞きたい」

軽 ~することは可能でしょうか。
中 ~していただきたいと考えておりますが、いかがでしょうか。
重 ~していただきたく存じますが、いかがでございましょうか。
  ~していただけましたらたいへん幸甚に存じますが、
  いかがでしょうか。

 いかがでしょうか?
 長くビジネスメールを使っていると、今まで信じていたルールや敬語が間違っていた、時代は変わっていた、ということもあるかもしれません。
 日本語もルールも次々に変わっていきます。あまりひとつのルールに縛られず、お互いに時間短縮できて使い勝手の良いメールを書けば、きっと仕事もサクサク進むことでしょう。

 敬語や文例は本書に詳しく、たくさんの例を使って解説しています。ぜひご一読ください。


 新刊のお知らせ

『知らないと恥をかくルールからそのまま使える文例まで
 ビジネスメール文章術』

 ビジネスメールはこの本1冊でOK!日常の連絡事項からちょっと言いにくいことやお願いも、アタマを悩ませずそのまま使えます。相手にバッチリ伝わるメールが書ける

から、仕事もサクサク進む!

●敬語、丁寧語も松竹梅の3段階表示で分かりやすい
●様々なシーンを想定した言い回しがたくさん
●件名から署名まで、具体的な用例で使いたい1文が見つかる
●高い検索性、豊富な言い回しと様々なシーンでの具体的な文例、もちろん知っておきたいキホンもしっかりお伝えします。

これが机に一冊あればビジネスメールはOK!

価格(税込)¥ 1,260 四六並製 208ページ
ISBN 978-4-478-02366-2

ご購入はこちら!
[Amazon.co.jp] [紀伊國屋BookWeb] [楽天ブックス]