川崎重工

“船造り”に生涯を懸け「その技を通じて国家社会に奉仕する」ことを悲願とした創業者、川崎正蔵が、1878(明治11)年4月、東京・築地に開設した個人経営の造船所に自らの姓を冠し「川崎造船所」としたことに始まる。1939年になって、社業が造船業以外(鉄鋼、車両、航空機など)に拡大していたことや、重工業の重要性が高まったこともあり、社名を実態に即して「川崎重工業」と変更し、現在に至っている。

関連するキーワード

中部電力 東急 東武鉄道 京浜急行電鉄 出光興産 三菱重工業 KDDI コマツ 武田薬品工業 ヤマダ電機 三菱UFJフィナンシャル・グループ 三井住友フィナンシャルグループ みずほフィナンシャルグループ りそなホールディングス IHI 日本製鉄 神戸製鋼所 JFEホールディングス ジャパン マリンユナイテッド

カワサキジュウコウギョウ KK

川崎重工(株)

(英文社名:Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)

概要最終更新日:2019年7月16日

通称社名旧社名
本社所在地〒105-0022 東京都港区海岸1丁目14−5
TEL:03-3435-2111
URLhttps://www.khi.co.jp/
設立年月1896/10
資本金10,448,465 万円
従業員数16,899 人
概況「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」というグループミッションの実現に向け、「陸・海・空の輸送システム」「エネルギー環境」「産業機械」の3つの事業分野において、高度な技術力により世界の人々の多様な要望にこたえる製品・サービスを素早く提供し、顧客・社会の可能性を切り拓く企業となる。
取引銀行みずほ、三井住友、三井住友信託、三菱UFJ
仕入先住友商事(株)、双日(株)、丸紅(株)
販売先双日(株)、丸紅(株)、三菱商事(株)

業績

決算年月売上高(百万円)利益(百万円)配当(円)
2019/3

1,195,16415,09770.00
2018/3

1,213,60724,67433.00

事業構成

事業構成内容比率
船舶海洋4.9%
車両7.8%
航空宇宙システム29.1%
エネルギー・環境プラント15.9%
モーターサイクル&エンジン22.4%

株式

株式コード7012
上場区分上場
市場名東京1部、名古屋1部

役員

役職名氏名
取締役会長村山 滋
代表取締役社長金花 芳則
取締役渡辺 達也
取締役下川 広佳
取締役米田 道生

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP