キヤノン

1934年、国産初の35mmフォーカルプレーンシャッターカメラを試作し、開発者が熱心な観音信仰者だったことから、そのカメラを「カンノン」(KANNON)と命名した。翌年、その名称が近代的な高級カメラのイメージになじまないと判断し、世界でも通用するブランドとして「キヤノン」(CANON)に改名(1935年商標登録)。英語でCANONには規範、基準、聖典等の意味があり、正確さを基本とする精密工業の商標にはふさわしい上、語感も「カンノン」と似ていることが、改名の主な理由となっている。

関連するキーワード

セイコーエプソン リコー 三菱商事 三井物産 NTTドコモ オリックス 武田薬品工業 KDDI ソフトバンクグループ 三菱UFJフィナンシャル・グループ 三井住友フィナンシャルグループ みずほフィナンシャルグループ 日本郵政 JT 積水ハウス 三菱ケミカルホールディングス 大成建設 日産自動車 ソニー 任天堂 キーエンス ファナック 東芝 日立製作所 安川電機 三菱電機 富士通 NEC 村田製作所 パナソニック ルネサスエレクトロニクス シャープ ローム コニカミノルタ 京セラ

関連特集

関連ニュース

  • 1
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP