「夢の配当金生活」実現メソッド
【第14回】 2018年9月16日公開(2018年9月16日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)

「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金
&資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の
優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授!

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 前回はこのコラムで何度も出てくるフレーズ「配当金で元をとる」ことの意義について書かせていただきました。しかし、実際に配当金が振り込まれた場合、その配当金はどうするのが一番いいのでしょうか。今回は、配当金の扱いについて、私の経験談も含めて考えてみたいと思います。
【※前回(連載第13回)の記事はこちら!】
株式投資はそもそも「株の売買で稼ぐ」ことでなく、「出資に応じた利益の分配=配当を受け取る」もの!サラリーマンに「増配株投資」がおすすめの理由は?

株式投資を始めたばかりの頃は、
配当金は再投資せず、すべて使っていた

 私が投資を始めたのは2004年5月で、本格的に配当金が振り込まれたのは2005年以降でした。それから2007年までは、毎年、配当金の振込額が毎年数万円程度ありましたが、再投資などは考えずに、配当金をすべて自分の趣味の「音楽」に使っていました。CDや楽器、楽譜を買ったり、ライブに行ったりして、完璧に使い切っていました。

 当時の私は、少しでも元手を確保して株を買うため、給料から生活費を引いたほとんどを株式投資につぎ込んでいました。その一方で、今まで趣味に使っていた支出は大きく削減していました。しかし、私は無理な節約や我慢が長く続くものではないと考えていたため、毎月の支出を抑制して投資に回したとしても、配当金くらいは自分の楽しみのために自分自身に還元しようと考えたのです。

 当然、配当金をたくさんもらうことができれば趣味に使えるお金が増えるので、月々の節約や証券口座への入金が「苦」でなくなる効果があります。それどころか、配当金をたくさんもらうためには、前の年に株を買い増せばいいので、毎月の支出を抑制して頑張って入金することができたのです。入金する度に「この1万円が来年から毎年●●●円の配当を生み、そして増え続けるんだ!」と考えると、節約や投資のモチベーションにつながり、同時に増配株を買えばもらえる配当金の増え方が加速することも覚えました。
【※関連記事はこちら!】
増配株は「元本が増える銀行預金」「部屋数が増えるアパート」のようなもの! 追加投資をしなくても配当が増え、価値も上がる「増配株」のスゴさとは?

 そして、投資を初めて3年経過した2007年には長期の海外出張があり、給料に手当がつくけれど使う暇がない状態でした。それは投資資金を確保するのに好都合で、帰国してからいくつかの高配当の銘柄を買うことができ、そのおかげで翌年の2008年は前年の倍以上の配当金をもらうことができました。

2008年のリーマン・ショックのあとは、
配当金を再投資することで配当金の増え方が加速!

 このように、私が受け取る配当金は順調に増加していったのですが、運用によるパフォーマンスは厳しい時期が続きました。2006年のライブドア・ショックに始まり、2007年のサブプライム住宅ローン危機、2008年には多くの投資家が去っていったリーマン・ショックがありました。私自身も経験が浅かったことからうまく立ち回れず(まあ、今でも同じようなショックが起こったら、うまく立ち回れないと思いますが……)、運用成績は非常に残念な結果に終わっていました。

 その反面、この時期は「株安」ということもあって、配当利回りが信じられないほど高い株が大量に発生していました。こうなると、配当金をすべて趣味に使ってしまうのはもったいなく、配当金のかなりの割合を株に再投資するようになりました

 当然、再投資した分、翌年にもらえる配当金が増えるので、さらにたくさんの金額を株の購入に充てることができました。つまり、「株安」は投資家にとってつらい時期ではありますが、配当金を目当てに投資する場合は、複利効果が最大限に発揮できる絶好のチャンスでもあったのです。

振り込まれた配当金はどうすべきか?
再投資をすることで配当や資産の増え方が加速する!

 ここで、連載の第8回目で紹介させていただいたモデルプランをもう一度見てみましょう。
【※連載第8回はこちら!】
億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

●月3万円(毎年36万円)を積み立てて、投資する時点で配当利回り2.5%、その後は毎年10%ずつ増配する株を買った場合
・30年継続で積立金額の総額=1080万円
・30年間の受取配当金総額(税引後)=約1080万円
・実質的な積立金額=0円(積立金額1080万円-受取配当金1080万円、年0円/年)
・その後の受取配当金額=120万円/年、さらに5年後には約200万円/年

 このモデルプランのとおり、「30年間の平均配当利回りが2.5%で平均増配率が10%の銘柄に、毎年、一定額の投資を継続」できれば、「30年間にわたって積み立てた金額は配当金で元を取れて、さらに元を取ったあともずっと配当金を受け取り続けられる」という状態になります。

 配当に税金がかからないNISA口座を使って、最初の年に積み立てた36万円でキッチリと株を購入できたとしましょう。仮にその株の配当利回りが2.5%だったとすれば、受け取れる配当金は9000円となります。

 元本を回収することを最優先する場合は、受け取った配当金を預金に回しましょう。株を毎年購入することと、投資対象を増配株に絞ることにより、30年程度の期間があれば投資した元本と変わらないくらいの配当金を受け取ることができて、元が取れるでしょう。

 しかし、私がおすすめするのは、「初期の配当金は再投資し、少し年数が経過して、ある程度まとまった配当金がもらえるようになってから、配当を預金に回して元本を回収する」ことです。実はこのほうが、手間も少なく、配当や資産の増え方が加速します。

 月3万円(毎年36万円)を積み立てて、投資する時点で配当利回り2.5%、その後は毎年10%ずつ増配する株(1銘柄でも、複数の銘柄の組み合わせでも構いません)を買った場合、配当金を再投資しなかった場合と再投資した場合の受取配当金は以下のようになります。年間の受取配当金の差額は最初のうちはわずか数百円ですが、9年で差額は1万円を超えて、18年で10万円を超えるほど大きな差となります

■配当金を再投資した場合と、しなかった場合では、将来の配当金に大きな差が!
  配当を
再投資しない場合
配当を
 再投資した場合 
受取配当金の
差額
 1年目 9000円 9000円 0円
 2年目 1万8900円 1万9125円 225円
 3年目 2万9790円 3万515円 725円
 4年目 4万1769円 4万3330円 1561円
 5年目 5万4945円 5万7746円 2801円
 6年目 6万9440円 7万3964円 4524円
 7年目 8万5384円 9万2210円 6826円
 8年目 10万2922円 11万2736円 9814円
 9年目 12万2215円 13万5828円 1万3613円
 10年目 14万3436円 16万1807円 1万8371円
 11年目 16万6780円 19万1032円 2万4252円
 12年目 19万2458円 22万3911円 3万1453円
 13年目 22万704円 26万900円 4万196円
 14年目 25万1775円 30万2513円 5万738円
 15年目 28万5952円 34万9327円 6万3375円
 16年目 32万3547円 40万1993円 7万8446円
 17年目 36万4902円 46万1242円 9万6340円
 18年目 41万392円 52万7898円 11万7506円
 19年目 46万431円 60万2885円 14万2454円
 20年目 51万5474円 68万7246円 17万1772円

 このように、初期の段階で配当金を再投資することによって、明らかに受取配当金に大きく差がつきます。しかしながら、初期には配当金を再投資したほうがいいというのは、もう一つ重要な理由があります。

人生には多額のお金がかかってしまう時期があるが、
そのときにも積立投資を継続するために必要なことは?

 人生の中には、結婚したり、子どもが受験・進学して教育費がかかったり、住宅を取得・改築したりと、大きな支出が伴う時期が必ずあります。そのような時期には、積立投資に回す資金を十分に確保できなくなってしまいます。それどころか、こういったイベントが重なると、投資した元本を取り崩す事態も十分にあり得ます

 そんな投資資金の確保が難しい時期までに配当金を再投資しておけば、再投資しない場合と比較して受け取れる配当金が大きく違ってきます。投資資金の確保が難しい時期に、毎月の積立金額を減らしたとしても、その時点で受け取る配当金と合計することで、株をそこそこ買い増すことができるかもしれません。また、万が一、資金が必要になった場合も投資元本を取り崩すことなく、受け取れる配当金で賄えるようになっているかもしれません。初期の頃に配当金を再投資したほうがいいというのは、複利効果を生かしてパフォーマンスを上げることだけが目的ではなく、積立資金を用意するのが難しい時期を乗り越えるためでもあるのです。

 先ほどのモデルプランどおりに、毎月3万円の積立を15年間継続すると、受け取った配当金を再投資に回していなくても、投資元本は約500万円で、年間の受取配当金は25万円くらいになります。一方、毎年受け取った配当金を再投資しておけば、再投資した配当金を含む投資元本は約675万円になり、受取配当金は30万円くらいになっています。

 しかし、例えば、積立投資開始から16年目に子どもが大学などに入学し、今までのように毎月3万円を積み立てるのが難しくなったとしましょう。もし、配当金を再投資していた場合、このときには年間の受取配当金が約35万円と、それまで毎年積み立てていた金額と変わらない金額になっています。

 つまり、1~15年目に配当を再投資していた場合、毎月3万円を積み立てるのをいったん休止しても、それまでと同じように配当金を再投資し続ければ、毎年36万円を積み立てていた時期と同じような状態を維持できるのです。それどころか、配当金を再投資することで年間の受取配当金はさらに増え続け、20年目には年間62万9499円になります。ちなみに、1~15年目に配当金を再投資していなかった場合、16年目以降に毎月3万円を積み立てるのを休止し、それまで同様に配当金の再投資もしないと、20年目の年間の受取配当金は46万529円で、その差は約17万円となります。

■16年目以降、教育費の負担増で毎月3万円の積み立てを休止した場合
  毎月3万円の
積み立ても
配当の再投資も
しない場合
毎月3万円の
積み立ては
休止しても
配当の再投資は
続けた場合
受取配当金の
差額
 16年目 31万4547円 39万2993円 7万8446円
 17年目 34万6002円 44万2117円 9万6115円
 18年目 38万602円 49万7382円 11万6780円
 19年目 41万8662円 55万9555円 14万893円
 20年目 46万529円 62万9499円 16万8970円

 こうして大きな支出を伴うライフイベントを無事に通過した後は、積立投資を再開しつつ、受け取った配当金を預金に回して、元本を回収するといいと思います。モデルプランどおりで、かつ配当の再投資を実施した場合、20年目以降は受け取れる配当金が年間50万円を超え、さらに翌年以降は増え続けます。20年目以降に受け取った配当金を個人向け国債や定期預金で運用することにより、30年を経過した頃には積み立てた元本と同じくらいの「無リスク資産」ができているはずです。

 配当を自分に還元するにしても、再投資するにしても、最終的には元本を回収できる可能性が高い、というのは「増配株投資」だからできることです。高配当であっても増配しない株では、配当利回りが2.5%でも元本を回収するまでに40年、配当利回りが4%でも25年かかりますし、投資資金を追加しなくては配当金が増えません。しかし、増配株なら配当金によって元本を回収できる年数が10~20年と短くなり、配当金も増えていきます。

「毎月、資金を積み立てて、増配株に絞って投資する」ことは、投資の勉強をしたり、銘柄を分析したりする時間を取りにくいサラリーマンにとって、安全性と投資効果のバランスの取れた数少ない方法の一つと言えます。しかも、増配株投資を始めたばかりの頃に、受け取った配当金を再投資することによって、さらに投資効果は高くなるのです。

 それでは、今回のポイントをまとめておきます。

【ポイント①】
初期の段階では配当金を預金に回して元本を回収するより、再投資するのがおすすめ!
【ポイント②】
配当金を再投資することで、「複利効果」によって配当の増え方が加速する!
【ポイント③】
積立投資の初期に配当金を再投資することで、「大きな支出を伴うライフイベント」が来たときに余裕を持って対処できる!

 今回は「配当金をどう使うのがいいのか」ということを解説してきました。

 しかし、投資をしていると計画どおりになるとは限りません。ときには、会社が出している売上や利益などの決算の数値が予想を大きく下回る「業績の下方修正」の発表など、自分が保有している株にネガティブなニュースが流れてくることもあります。そこで次回は、私の体験談も交えて、「自分の保有株にネガティブなニュースが出たらどう対応すべきか?」というテーマでお送りしたいと思います。お楽しみに!

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年9月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 429本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2632本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1141本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。2018年8月31日まで「Monex Advisor」で10万円以上の運用をはじめると、抽選でロボット掃除機などのスマート家電が当たるキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2634本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 845本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 180円 180円 0本
【おすすめポイント】
国内株式のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。新規口座開設で3カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング