30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

iPhone

「電源が切れた」をどう言う?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直しましょう。次の日本語を英語にしてください。

「iPhoneの電源が切れた」

 さて、次のような英語が頭に浮かぶかもしれません。

× My iPhone is running out of battery power.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 「iPhoneの電源が切れた」という状況を相手に説明しましょう。「電源が切れた」を辞書で調べると、run out of battery powerなどと出てきますが、難しいです。

「電源が切れた」ということは、「電源がない」ということです。別の表現を考えましょう。

時制もシンプルに!

 この例文では、現在進行形の時制で、「もうすぐ切れそう」という意味になっています。「切れた」とするのであれば、My iPhone has run out of battery power. と現在完了形です。英語は時制が細分化されています。とっさに口から出すためには、時制がシンプルになる動詞を選びましょう。

※関連記事 日本人の英語は長い! 「3語」で伝える10のコツ

「状態」を表す動詞を使えば、「進行形」や「現在完了形」は不要になります。

「3語の英語」にしよう

(1)携帯電話 (2)持っている (3)ない電源
 万能動詞haveの出番です。「持っている」という状態を表します。そして目的語は「ない電源」(no power)にします。

○ My iPhone has no power.

進行形になる動詞、ならない動詞の違いは?

 動詞が進行形になるかどうかを判断するには、「その状態(動作)をすぐに停止できるか」を考えます。

 例えばI have a family.(家族がいます)は停止できません。一方、「宿題をしている」は停止できますので、I’m doing my homework.(今、宿題中)のようにできます。しかしhaveであっても、I’m having lunch.(今、昼食中)やI’m having a meeting.(今、会議中)のように、すぐに停止できる動作であれば進行形にできます。