30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

英語学習

なぜ「My job is...」がダメなのか?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「私の仕事は美容師です。楽しい仕事です」

 次のような英語が浮かんでくるかもしれません。

× My job is a hair stylist. It’s a great job.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

「私の仕事は~です」を表すMy job is...は日本語にぴったり対応します。文法的には正しいのですが、「私の仕事=美容師」のように、「仕事」と「人」をイコールの関係でつないでおり、不適切です。

 しかし、「美容師」の代わりに「動作」を表す表現を使いたくても難しい場合があります。美容師は「髪を切る」だけでなく、「髪を染める」「パーマをかけ、スタイルを整える」などと、業務が多岐にわたるため、動作を表す動詞が決めにくいのです。

 そのようなとき、I’ m a hair stylist.とできます。My job≠a hair stylist.のズレを修正できました。そこからもう一歩、「美容師(hair stylist)」という表現を残しながら、動詞を生かす練習をします。

「~であることを楽しむ」と表してみましょう。It’s a great job.(いい仕事です)という意味も合わせて伝えることができます。

「3語の英語」にしよう

(1)私 (2)楽しむ (3)美容師であること

「楽しむ」を表す動詞enjoyを使います。「~であること」はbe動詞を動名詞の形にします。つまりenjoy+being(~であること)+「職業」と表してみましょう。

○ I enjoy being a hair stylist.

「enjoy+being+肩書」の表現は、自分の仕事が具体的な動作で表しにくい場合に使うとよいでしょう。

 また、仕事について詳しく説明した後、最後の締めくくりとして、I enjoy being... と続けておくのもよいでしょう。例えば次のように使ってみましょう。

Our salon provides hair care services for men and women. I cut, color, highlight, perm, and style hair. I enjoy being a hair stylist.

(私の勤める美容室では、男性と女性の両方のヘアケアサービスを提供しています。私はヘアカット、カラー、ハイライト、パーマ、スタイリングを担当しています。美容師の仕事は楽しいです)

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。
2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。
2014年4月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュを設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone(シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。皆にとって英語がもっと身近にならないかと模索を開始する。気後れせずに皆が英語を使える日本、自分の考えを世界に発信していける日本
を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。
著書に『技術系英文ライティング教本』(日本能率協会マネジメントセンター)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)、『会話もメールも英語は3語で伝わります』(ダイヤモンド社)、『英語論文ライティング教本』(講談社)がある。
日本テレビ系『世界一受けたい授業』に出演(2017年2月、7月)。