30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

シンプル英語

日本語をそのまま英語にしない!

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「当社では、皆が積極的に新規製品の開発にとり組んでいます」

 直訳して次のような英文にしてしまいがちです。

× At our company, all of us are working actively to develop new products.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 仕事の現場で使いたい「積極的にとり組む」のような日本語らしい表現は、実は英語にしづらいのです。

 そのまま直訳してwork actively、work positivelyなどが考えられますが、長くなります。これらは英語になってはいるけれど、きちんと意味を伝えているかどうかは不明な表現です。表現を逆にしたとき、work passively(受身に働く)やwork negatively(否定的に働く)が意味をなさないのと同じです。

 そこで、ポジティブな動詞を使って、より伝わる内容に組み立てていきます。一例として、「皆が積極的にとり組んでいる」を「皆が仕事を楽しんでいる」「仕事を好きである」というポジティブな姿勢に変換してみましょう。「仕事を楽しむ」や「仕事が好き」はあくまで「人の気持ち」です。「私たち」を主語にして、会社という組織を表してみましょう。

「3語の英語」にしよう

(1)私たち皆 (2)楽しんでいる (3)製品を開発すること

 動詞には、enjoy(~を楽しんでいる)を使います。他にもlike(~が好き)、love(~がすごく好き)を使うことができます。

 We all enjoy developing new products.

 like、enjoy、love を仕事でも使ってみましょう。enjoyの後ろには「動作」を、likeとloveの後ろには「名詞」と「動作」が置けます。例をあげます。

We just love developing new products.
(新製品の開発は当社のスタッフが大好きなことです)

We like developing new products.
(積極的に新製品の開発を行っています)

• We just love helping people.
(私たちはとにかく人の役に立つことが好きなんです)

 We just love... のjustを使うと、「私たちはとにかく夢中」というニュアンスを出すことができます。理由などなく「ただ楽しんでいる」「とにかく大好き」という夢中な様子を表すことができます。justはここでは副詞として、loveに説明を加えています。