真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!
今回は、悟東氏のもとに寄せられたさまざまな相談の中から、「見えないはずのものが見えてしまって怖い」という悩みについてご神仏のお答えとともに紹介します。現在、よく似たお悩みをお持ちの方は何らかの参考にしていただけますと幸いです。

霊のようなものが見えて怖い…
「見える」と集まってくるから、気にしない

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

「見えるはずのないものが見えてしまって怖いんです。どうしたらいいでしょう」
 実のところ、こういう相談はよくあります。

 見えるはずのないもの、いわゆる巷で言うところの霊のようなものは、本来誰が見ても不思議はないものです。人によって見え方も違い、言ってみれば幻に近いものだと思いますが、見えるものを無視することは難しいでしょう。
 ただし、突然見えるようになり、その後も頻繁に見ているのであれば、何かあなたに大切な知るべきことがあるせいかもしれません。

 また、
「引っ越した家で変なものが見えるようになった。必ずこの場所に黒いものが見えてしまう」
 こんな場合には、お不動さまが「それ」を連れ出していってくれます。
 気になるたびに、お不動さまの真言「ノウマクサンマンダ バザラダンカン」をお唱えしてください。

 一方で、なかにはすごく気にする人もいます。「こういうものが見えるようになったので、私は普通ではなくなってしまったかもしれません」
 このように敏感になってしまうと、かえってよくないのです。
 そうすると、むしろ見えないはずのものをさらに呼び込んでしまうことになります。
「見えるんです」と言うと、そういうものは見える人のところに集まるものだからです。

 たとえば、街を歩いている時に目を合わせてくる人がいれば、誰でも気になります。霊にしてみれば、誰も絶対に目を合わせてこないのが普通です。ふだんは自分の存在を気づかれることはありません。「見えるんです」と怖がる人は、あえて霊と目を合わせてしまう人です。むしろ、「見たい」という願望がある人です。