論点2 上がり続ける人件費

 人手不足によって、図(C)のように足元の最低賃金は上がり続けていて下がる気配がない。

 そして図(A)からも分かるように、従業員の雇用は加盟店の役割であり、その人件費を負担する。ところがロイヤルティーの料率は、人件費の上昇に合わせて緩和されたわけではない。

 かつて、安い労働力を活用できた時代はよかった。だが今では、多くの加盟店が人件費の上昇に苦しみながら、従来と変わらず高いロイヤルティーを本部に払い続ける状況に追い込まれている。

 また加盟店オーナーには、アルバイトなどの一定数の従業員が基準以上の労働時間まで働くと、社会保険料の支払い義務が生じる。従来“お目こぼし”されてきたコンビニ加盟店に対しても、日本年金機構はここ数年、未加入対策に力を入れており、保険料負担で一気に経営が悪化したり、義務を逃れるために法人を解散する加盟店が続出している。