両行は、今後、頭取会や営業部門、企画部門を中心とした協議会を設置、積極的に交流を図って実績を積み、さらに幅広い連携について検討していくとしている。

犬猿の仲の両行が
手を取り合った理由

 とはいえ、両行は以前から“犬猿の仲”だと言われてきた。

 というのも、同じ首都圏を地盤とし、資産規模も横浜銀行が16兆8099億円で地銀トップ、千葉銀行も14兆8916億円で地銀3位とほぼ互角のため、「常にライバル関係にあった」(地銀関係者)からだ。

 しかし、そうした関係であっても、単独での事業展開では将来の展望は開けないと判断したもようだ。少子高齢化やマイナス金利など、地方銀行を取り巻く環境は厳しさを増しているためだ。

 そんな両行の狙いは、「巨大で肥沃なマーケットである東京だ」と関係者は明かす。

「地元はもちろんだが、お互いに『東京』という肥沃なマーケットで、ライバルとしてしのぎを削っている。しかし、それではあまりに非効率。であれば、パートナーシップを組んで営業すれば相乗効果を生むことができ、効率よく稼ぐことができると判断した。今後は、支店やATMなどを相互利用するなどしてコストを削減するといったことも検討されるだろう」(横浜銀行関係者)というわけだ。

 ただ、今回はあくまで横浜銀行と千葉銀行の提携。横浜銀行と経営統合し、同じコンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の東日本銀行や、千葉銀行と包括提携している武蔵野銀行は入っていない。

 ある地銀幹部は、「両行ともにパートナーがおり、今後、その関係をどう整理していくのかといった問題を始め、犬猿の仲だった両行がすんなりと提携できるのかといった課題は残されている。そうした壁をいかに乗り越えていくかが鍵になるだろう」と指摘する。