これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

「仕事のプロ」の「洗礼」を浴びた社会人1年目

 私は、「仕事のプロ」として、ミスミ、エムアウト、そして独立してから現在に至るまでの30年近く、新規事業だけを手掛けてきました。

 もちろん、最初から「仕事のプロ」だったわけではありません。新入社員の頃は、「仕事のプロ」でもなんでもなかった私が、何かの巡りあわせで「仕事のプロ」、特に「新規事業のプロ」という特殊な道を歩むことになったのです。

 新規事業に興味のある人はもちろん、そうでない人も、仕事に対する姿勢や考え方でヒントになることがあればいいな、と思います。

 まずは、私が「仕事のプロ」になるべく「洗礼」を浴びた社会人1年目の出来事から始めます。

 バブル時代の終わりにミスミに入社した当時の私は、「世の中はうまくいくようにできている」「明日は今日より良い日」「失敗したら次から連勝すればイイ」、くらいに世の中をナメていました。

 大学1年生のとき、19歳で会社を創っていたこともあり、社会人としての修行を1年くらいしたら、また会社でも興そうか、とも思っていました。

 まったく大間違いでした。