病気を遠ざける「免疫力」は腸で作られるため、腸内環境をよくする食品をとることが重要、というのは、81歳の免疫専門医である藤田紘一郎氏の弁。いわく、健康長寿のために勧める食品には、野菜、発酵食品、肉や魚の骨から出るだしなど。それらの食品をスープでとるメリットは、体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすいことです。
ウィズコロナの時代を生きるすべての人に手に取っていただきたい最新刊『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、著者自身も毎日飲んでいる究極のスープはじめ、おいしく続けるための73レシピを紹介している。
この連載では、自分で免疫力を高める食事の法則や、著者が勧める『長寿スープ』のレシピなどをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

まさに医者いらずの最強の武器
「免疫力」は自分で高められる

 「いつまでも健康で、長生きしたい」。これはだれもが思っていることです。では健康で長生きするためには、どうしたらよいのでしょうか。できるだけ病気にかからない、病気にかかっても重症化せずに健康を取り戻せる体作りが大切です。そのために必要なのが、免疫力です。

 免疫とは、新型コロナウイルスやインフルエンザなどのウイルスや細菌から体を守り、病気にかかることを防いだり、病気にかかったとしても、病気を治そうとしたりする力のことです。日頃から免疫力を強化しておけば、病気を抑え込んだり、体の若々しさをキープできたりします。さらにはうつ病などの心の病気を予防することにもつながります。

 免疫力を強化するには、免疫細胞の7割が存在する腸を強化することと、体の老化を促す活性酸素を抑え込むことが大切です。いずれも食生活が大きく影響してきます。食生活を見直すことで、免疫力を強化し、病気になりにくい健康な体を作ることができるのです。

本原稿は、藤田紘一郎著免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』の第1章からの抜粋です。免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、腸内環境を整えて免疫力を高める「長寿スープ」のレシピがたっぷり収録されています。ウィルスが蔓延するこの秋冬、免疫力を高めて病気にならない体を手に入れてみませんか?(次回へ続く)