病気を遠ざける「免疫力」は腸で作られるため、腸内環境をよくする食品をとることが重要、というのは、81歳の免疫専門医である藤田紘一郎氏の弁。いわく、健康長寿のために勧める食品には、野菜、発酵食品、肉や魚の骨から出るだしなど。それらの食品をスープでとるメリットは、体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすいことです。
ウィズコロナの時代を生きるすべての人に手に取っていただきたい最新刊『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、著者自身も毎日飲んでいる究極のスープはじめ、おいしく続けるための73レシピを紹介している。
この連載では、自分で免疫力を高める食事の法則や、著者が勧める『長寿スープ』のレシピなどをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

「免疫力」は腸で7割作られる!

 腸は食事で得た食べものから栄養を吸収し、老廃物を便にして排出するという役割を担う器官です。でも腸の役割はそれだけではありません。

 腸には免疫細胞の約7割が集まっています。この免疫細胞を活性化するのが、腸内細菌です。腸には、約200種、100兆個もの腸内細菌が棲んでいます。この腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌と、日和見菌の3つに分類されています。大切なのは、この3つの菌のバランス。日和見菌は体にとって「善」でも「悪」でもありませんが、どちらか強い方の味方をします。黄金バランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%ほど。常に善玉菌を優位な状態にキープしておくことが、免疫力強化に重要なポイントとなります。

 善玉菌を優位にするためには、食物繊維や抗酸化成分を多く含む野菜、善玉菌のえさとなる発酵食品や、腸のバリア機能を強化する短鎖脂肪酸などをしっかりとることが大切です。その近道となるのが「長寿スープ」です。スープを上手に毎日の食事に組み込めば、腸内細菌の理想的なバランスをキープして、免疫力を強化することができるのです。

 本原稿は、藤田紘一郎著免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』の第1章からの抜粋です。免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、腸内環境を整えて免疫力を高める「長寿スープ」のレシピがたっぷり収録されています。ウィルスが蔓延するこの秋冬、免疫力を高めて病気にならない体を手に入れてみませんか?(次回へ続く)