「マウスを使わずにパソコンの操作をする」。最近、この「脱マウス」への関心が高まっている。シリーズ17万部を突破した『脱マウス最速仕事術』の著者、森新氏はその背景には、マウスとキーボードの間を手が幾度となく行き来する「時間のムダ」と「作業ストレス」の改善へのニーズがあると言う。森氏は独自に研究を重ね「脱マウス」のメソッドを開発し、年間88万回ものクリック数を削減、「年間120時間のムダ」を解消した。セミナーの参加者からは、「誰でもマスターできる!」と大好評だ。本連載では、満足度97%超のメソッドを凝縮した『脱マウス最速仕事術』(ダイヤモンド社)の内容から、時短に大きく貢献する「脱マウス」の技術をお伝えしていく。

Photo: Adobe Stock

[<]で小さく、[>]で大きくなる

 文字のサイズを変える操作は、「フォントサイズ」欄でサイズを選ぶのが一般的ですが、これもキーだけで行えます。

 この操作が使える主なアプリは、ワード、パワーポイント、アウトルックです。文字の大きさを変えるには、最初に対象の文字を選択します。

 範囲選択の方法は、選択する範囲の先頭(左端)にカーソルを移動し、[Shift]キーを押しながら[→]キーを押して選択していきます。

 選択する範囲の末尾にカーソルを移動して、[Shift]+[←]キーで選択してもかまいません。文字を選択したら[Ctrl]+[Shift]+[>]キーを押します。このキーを押すたびに文字が大きくなります。(※本来は[.]キーと表記すべきですが、便宜上[>]キーとしています。)

 文字を小さくしたいときは、範囲を選択してから[Ctrl]+[Shift]+[<]キーを押してください。

 いずれのケースでもサイズは「フォントサイズ」欄の一覧に表示されるサイズに従って変わります。

 たとえば、ここで使っている「游ゴシックLight」では、「44」ポイントから「48」「54」「60」ポイントのように大きくなり、「40」「36」「32」ポイントのように小さくなります。

「ショートカットキーMAP 全体まとめ」拡大画像表示

★著者インタビュー「だから、この本。」★
第1回 オフィスワーカー全員が「脱マウス」すれば、日本の生産性は急上昇する
第2回 なぜ、よく使うショートカットキーは“キーボードの左側”に集約されているのか?
第3回 エクセルで発覚! 仕事が「できる人」と「できない人」を隔てる決定的な差とは?
第4回 “Ctrl”や“Shift”ってそういう意味だったのか! 話題の「ショートカットキー記憶術」が抜群に役に立つ理由