株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />年収460万円の女性会社員が<br />5年で資産7億5000万円!Photo: Adobe Stock

キャッシュフロー重視で
安定的に資産を増やす

「まだ若い女性なのに、どうやって資産7億5000万円も築いたの?」とビックリされたかもしれません。

「もともと実家がお金持ちなの?」と思った人もいるでしょう。私の不動産投資は実家とは関係なく、すべて自分で工面したお金で運用したものです。

 私は、愛知県の田舎町に三姉妹の長女として生まれ、小さな会社を営む父と習いごとの先生をしていた母との間で、ごく普通に育ちました。

 証券会社の初任給は手取り16万円、入社3年目に不動産投資をはじめたときの年収は460万円でした。

 そんな私でも、わずか5年ほどの不動産投資で、資産とキャッシュフローを大きく増やすことができたのです。

 私の不動産投資は、すべて金融機関の融資を受けています。

 資産7億5000万円で借入金は6億円ほど。仮に現在所有している7棟の不動産を全部売却したとしたら、手元に現金1億5000万円が残る計算です。

 とはいえ、前述したように、私は保有している不動産を売却することによって得られるキャピタルゲイン(売却益)を狙って投資しているわけではありません。

 あくまでも不動産を賃貸することにより得られる、継続的なインカムゲイン(家賃収入)で金融機関からの借り入れを返済しつつ、きちんと手元に現金が残るビジネスモデルで不動産投資をしています。

 ここまで説明しても、お金を借りることへの潜在的な拒否反応は根強いでしょう。

 実はこれといった知識がなかった頃の私もそうでした。そもそも私は、20代前半まで不動産投資などまったく関心がなかったのです。

 でも、いまはっきりといえるのは、「きちんとお金を生み続ける戦略さえ立てれば、お金を借りることは怖くないし、むしろ目標を達成するための強力な武器になる」ということです。