ダイキン工業

1924(大正13)年「大阪金属工業所」として創業し、その後「大阪金属工業」へと社名を改めた。時代が進むにつれ、主体となる業態が創業当時の飛行機部品の製造販売、一般金属加工等から、空調機(エアコン)やフッ素化学へと大きく変化し、社名と実態が懸け離れたことから、大阪の「大(ダイ)」と金属の「金(キン)」をつないだ愛称として当時呼ばれていた“ダイキン”を取って、創業40年目に当たる1963年に「ダイキン工業」と社名を変更した。

関連するキーワード

ファーストリテイリング ソフトバンクグループ 信越化学工業 ソニー 三菱商事 トヨタ自動車 KDDI NTT 三井物産 セブン&アイ・ホールディングス 京セラ 三菱UFJフィナンシャル・グループ 日立製作所 サントリーホールディングス 三越伊勢丹ホールディングス NEC 東急 ルネサスエレクトロニクス スズキ 三井不動産 クボタ カプコン キーエンス 大和証券グループ本社 キリンホールディングス 富士フイルムホールディングス パナソニック 三菱ケミカルホールディングス 三井住友フィナンシャルグループ リクルートホールディングス 東京海上ホールディングス 大和ハウス工業 野村不動産ホールディングス

ダイキンコウギョウ KK

ダイキン工業(株)

(英文社名:DAIKIN INDUSTRIES, LTD.)

概要最終更新日:2019年7月26日

通称社名旧社名
本社所在地〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2丁目4−12 梅田センタービル
TEL:06-6373-4312
URLhttps://www.daikin.co.jp/
設立年月1934/2
資本金8,503,243 万円
従業員数7,254 人
概況空気と環境の新たな価値の協創をめざし、主力事業である空調・化学に加え、第三の収益の柱としてフィルタ事業の強化に取り組んでいる。また、暖房・給湯、エネルギーソリューション、商業用冷設、次世代冷媒・ガス、空気・空間エンジニアリングといった新分野の事業拡大を目指す。売上高3兆円、営業利益12%の実現を視野に、顧客・社会の課題解決に貢献する新しい価値を生み出し、事業を通じて社会の持続可能な発展に貢献する。
取引銀行三井住友、三菱UFJ、農林中金、三井住友信託、みずほ
仕入先ダイキントレーディング、DAIKIN INDUSTRIES(THAILAND)LTD、DAIKIN AIR−CONDITIONING(SUZHOU、UACJトレーディング、下平電機製作所
販売先ダイキンHVACソリューション東京(株)、ダイキンコンシューママーケティング(株)、ダイキンHVACソリューション近畿(株)、ダイキン・ヨーロッパ、GOODMAN MANUFACTURING

業績

決算年月売上高(百万円)利益(百万円)配当(円)
2019/3

570,180123,870160.00
2018/3

527,847120,945140.00

事業構成

事業構成内容比率
空調・冷凍機事業89.6%
化学事業8.1%
その他事業2.3%

株式

株式コード6367
上場区分上場
市場名東京1部

役員

役職名氏名
取締役会長井上 礼之
代表取締役社長十河 政則
取締役寺田 千代乃
取締役川田 達男
取締役牧野 明次

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP