「夢の配当金生活」実現メソッド
【第8回】 2017年12月13日公開(2017年12月13日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
個人投資家・立川 一(たちかわ・はじめ)

億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介!
NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で
売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

 こんにちは、個人投資家の立川です。

 これまで、この連載では「増配株投資」のメリットや手法などの解説をしてきましたが、今回はより実践的に、増配株投資に向いている証券会社の選び方や、増配株投資を利用した具体的な投資プランについて考えてみたいと思います。

 私が株式投資を始めた10年前、売買手数料がダントツに安かったのはSBI証券で、私もSBI証券に口座を開設して、今もメインで利用しています。しかし、現在ではネット証券の数も増えて、売買手数料は10年前より大幅に安くなり、SBI証券に負けないくらい魅力的なネット証券もいくつもあります。

 まだ証券会社に口座を開いていない方は、まずはどの証券会社を選べばいいのか迷うことでしょう。また、すでに証券会社に口座をお持ちの方も、そのままで良いのか迷っているかもしれませんね。証券会社を選ぶ際には、株式投資の売買手数料が安いに越したことはありませんが、投資スタイルなどによっても最適な証券会社は異なってくるでしょう。

 例えば、デイトレーダーであれば取引量に左右されない定額の手数料プランが安い証券会社がいいでしょうし、瞬時に売買注文を出せるレスポンスの良さが大切でしょう。信用取引を多用される方は手数料よりも金利が重要になってくると思います。

 しかし、私がこの連載で紹介させていただいているような「増配株を毎年、数銘柄だけ買うような投資スタイル」でしたら、売買の頻度が少なく、信用取引も使わないので、売買手数料や金利をさほど重視する必要はなく、むしろ「証券会社の信頼性」や「充実した情報ツールの有無」などを重視して証券会社を選んだほうがいいでしょう。このように、自分の投資スタイルならどの証券会社が向いているのか、どの証券会社がお得なのか、便利なのか、というのを総合的に判断するべきです。

まずは、利益が非課税になる「NISA(少額投資非課税制度)」を活用!
年間120万円の枠を使い切ったら「特定口座・源泉あり」を使おう

 いまから株式投資を始めるのなら、絶対に「NISA(少額投資非課税制度)」を活用するべきです。簡単に説明すると「NISA」とは、「NISA」専用口座で年間120万円以内の投資金額の枠内であれば、通常は株や投資信託で得た利益にかかる税金20%が非課税になるというお得な制度です。
【※「NISA」の関連記事はこちら!】
NISA(少額投資非課税生徒)は、いったい何がお得?投資初心者向けにNISAを使うメリットとデメリット、実際に運用する際の3つの注意すべきポイントも解説!

 しかも、「NISA」口座なら配当金や売買差益に税金がかからないだけでなく、売買手数料を無料としている証券会社が多いからです。つまり、私がこの連載で紹介している「増配株投資」、ほかにも「株主優待」などを目的に長期投資する場合などは、まずは「NISA」口座を開設して、投資資金120万円までは「NISA」用の口座で投資をし、120万円を超えるようであれば通常の口座を利用するのが、税金や売買手数料の面で有利になる可能性が高いのです。

  では、具体的にどの証券会社に「NISA口座」や通常の口座を開設すればいいのでしょうか。

 現在、各証券会社がサービスと取引コストを競っており、個人投資家にとって有難い状態になっています。自分の投資スタイルならどこがお得か、どこが便利かを総合的に判断すると良いでしょう。増配株投資であれば、NISA枠内であればシステム安定のSBI証券NISA枠を超えてからはGMOクリック証券がお得だと思います。

 例えば、実際に私が利用しているSBI証券は老舗のネット証券ということもあり、ネット証券では口座数がもっとも多く、サービスも充実し、システムも安定しています。しかも「NISA」口座で日本株を売買する場合は売買手数料が無料(海外株の場合、購入時は無料、売却時は有料)なのでとてもお得です。
【※NISA口座の関連記事はこちら!】
【NISA口座おすすめ比較】NISA口座の株式売買手数料の安さで選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!

 また、どうしても買いたいけれど、1単元を買うには株価が高くて投資資金が足りない場合でも、1株単位で投資することができます。また、SBI証券は株式市場が引けた夜間にも株の売買ができる「PTS取引(夜間取引)」の仕組みもあるほか、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などにも力を入れているので、SBI証券で「NISA」や「iDeCo」、通常の口座をまとめて利用すれば、お得なうえに利便性も高いと言えます。

【※SBI証券の関連記事はこちら!】
⇒「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」 桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
売買手数料(1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円
139円 272円 270円 2514本
米国、中国、韓国、
ロシア、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! また、IPOの取り扱い数は、大手証券会社を抜いてトップで、PTS(夜間)取引も利用可能など、手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら

GMOクリック証券は株主優待で年6000円分の手数料が無料に!
無料で使える「財務分析ツール」も優れものなので要チェック!

 そして、年間120万円のNISA枠を超えて投資をするような方、さらに決算書の読み方などを勉強して本格的に投資をしたくなった場合には、GMOクリック証券の口座を開設することをおすすめします。

 なぜなら、GMOクリック証券には、個別銘柄の過去10年分のバランスシートや損益計算書をグラフで可視化して見ることができる「財務分析ツール」があるからです。このツールは私もよく利用していて、決算書などが読めるように勉強を進めていくと、GMOクリック証券の「財務分析ツール」がいかに便利なツールか、よくわかるようになると思います。口座を開設していても費用はかからないので、仮に「NISA」の枠を超えるほど売買をしなくても、銘柄の分析のためだけに口座を開く価値があると思います。

◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
売買手数料(1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家から、信用取引やCFD取引なども行う専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは?グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
GMOクリック証券の公式サイトはこちら

 また、GMOクリック証券を利用する場合には、GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の株を1単元だけ買って保有しておきましょう。なぜなら、GMOフィナンシャルホールディングスの株主優待で、GMOクリック証券の売買手数料が年6000円まで無料になるからです。

【※GMOクリック証券の関連記事はこちら!】
GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは?グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!

 GMOフィナンシャルホールディングスの株価は707円(2017年12月1日時点)で、1単元は100株なので、投資金額は7万700円。もし、GMOクリック証券で年6000円分の売買手数料が無料になると、株主優待利回りは8.48%となります。しかも、GMOフィナンシャルホールディングスは配当利回りも3%以上なので保有する価値が十分あるでしょう。

 なお、「NISA」口座ではなく、通常の証券口座を開設する際は、確定申告の手間が不要の「特定口座・源泉徴収あり」を選ぶのがおすすめです。

証券口座開設後の具体的な投資プランを公開!
立川流シミュレーションを参考に投資を始めよう!

 さて、証券会社に口座を開設したものの、将来に向けてどのようなプランで投資を進めていけばいいのか迷っている方や、あるいは迷いながら投資されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、後半では増配株投資を実践した場合のモデルプランを具体的な金額を示しながら考えてみたいと思います。

 あなたが現在30歳で、60歳まで勤め続けるサラリーマンだったと仮定します。

 その場合、毎月3万円を証券口座へ入金し、ある程度の金額が貯まったら個別株を1単元(=株式の最低取引単位。銘柄によって異なるが、1単元=1~1000株、投資金額は数万~数十万円ほど)ずつ買うようにします。つまり、年間36万円の投資を30年続けたと仮定しましょう。年間36万円ということは、12万円で買える銘柄なら3銘柄、18万円で買える銘柄なら2銘柄を1年間で保有できることになります。

 では、具体的に3つのモデルプランを見ていきましょう。まずは「モデルプラン①」です。

(モデルプラン①)
 前述のように毎月3万円の証券口座への入金を30年にわたって続けると、投資資金の総額は36万円×30年=1080万円となります。もし、この資金を配当利回り2.5%の銘柄に投資していて、株価も配当も変動しなかった場合、30年後には税引後で毎年約20万円の配当金を受け取ることができるようになっているはずです。しかも、30年間に受け取る配当金の合計金額は約300万円になっているので、実質的な投資元本は積立金額1080万円-配当金額約300万円=約780万円、年間26万円(780万円÷30年)となります。

(モデルプラン①の投資結果)
月3万円(毎年36万円)を積み立てて、配当利回り2.5%の株を買った場合
・30年継続で積立金額の総額=1080万円
・30年間の受取配当金総額(税引後)=約300万円
・実質的な積立金額=780万円(1080万円-約300万円、年26万円/年)
・その後の受取配当金額=20万円/年

 続いて、「モデルプラン②」を見てみましょう。

(モデルプラン②)
 プラン①と同じ配当利回り2.5%の銘柄を買っていたとしても、保有銘柄が毎年約5%の増配を実施したらどうなるでしょうか。この場合、30年間で約450万円の配当金を受け取れるので、実質的な投資元本は積立金額1080万円-配当金額約450万円=約630万円、年間21万円となります。

(モデルプラン②の投資結果)
月3万円(毎年36万円)を積み立てて、配当利回り2.5%、毎年5%増配する株を買った場合
・30年継続で積立金額の総額=1080万円
・30年間の受取配当金総額(税引後)=約450万円
・実質的な積立金額=630万円(1080万円-約450万円、年21万円/年)
・その後の受取配当金額=40万円/年、さらに5年後には約50万円/年

 最後に「モデルプラン③」です。

(モデルプラン③)
 モデルプラン②で株式投資の初心者の方が気になるのは「毎年5%の増配をするような銘柄があるのか」という点でしょう。しかし実際には、5%どころか、もっと増配のペースが速い銘柄も多くあります。例えば10円が11円になれば10%アップですが、この程度の増配をする銘柄はゴロゴロしています。

 例えば、第3回のコラムで取り上げた日本エス・エイチ・エル(4327)ですが、先日の決算発表で前年に比べて15.5%の増配を発表しています。

 日本エス・エイチ・エルのような銘柄に投資できると、毎月3万円を30年にわたって積み立てた投資元本は、その間に受け取れる配当でほとんどが戻ってきます。しかも、株を売らない限り、買った株はそのまま残ります。ということは、投資元本を回収したあとも、毎年、配当金を受け取り続けることができるのです。

 「投資したお金は配当でほとんど戻ってくるけれど、買った株もそのまま残って配当はもらい続けられる」なんて言われると、何だかウマい話にダマされているようですが、実は増配株投資を正しく理解して実践すれば、誰でも実現可能なことなのです。投資元本を回収した配当金を預貯金として確保しておけば、イザというときの備えにすることもできます。

(モデルプラン③の投資結果)
月3万円(毎年36万円)を積み立てて、配当利回り2.5%、毎年10%増配する株を買った場合
・30年継続で積立金額の総額=1080万円
・30年間の受取配当金総額(税引後)=約1080万円
・実質的な積立金額=0円(1080万円-約1080万円、年0円/年)
・その後の受取配当金額=120万円/年、さらに5年後には約200万円/年

 これらのプランに株主優待も加味すると、銘柄の選び方によってはさらに短い期間で投資元本の回収が可能になってきます。
【※関連記事はこちら!】
「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道!配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ!

「増配株投資」を続けていけば、投資資金を回収したあとでも
毎年もらえる配当が老後の自分年金として使えるようになる!

 当然ながら、お子さまの進学や住宅取得など、お金がなかなか投資に回せない時期もあると思います。人によってお金が必要な時期は異なるはずで、投資で資産を築くことよりも優先すべき支出もあるでしょう。また、私もそうでしたが、投資を始めるスタートが遅くて、30年間も積み立てられないという方もいらっしゃるでしょう。どちらにしても、余裕のあるときに多めに積み立て、大変なときは無理をしないように心掛けつつ、自分が考えた積立金額に近づけると良いでしょう。

 上記のモデルプラン②や③で示した通り、増配株を買っていくことで、購入に要した資金の大部分(場合によっては全部)を配当で回収しながら、しっかりと老後の自分年金の準備ができてしまうことがわかります。かつ、配当を増やせるということは通常は業績が良いということですので、同時に株価の上昇も期待できます。

 株式投資を始めると、株価の変動に伴って自分の資産額が日々変動するという、メンタルを左右する要因がどうしても発生します。しかし、配当と株主優待によって投資元本を回収してしまえば、株価の変動を気にする必要はありません。長期的に、じっくりと資産形成に取り組むためには、この点を理解しておくことが重要になります。

 もし、何らかの要因で株価が大きく下げた場合には、配当が一定であれば配当利回りは高くなっています。そのときに買い付けた銘柄は、当然ながら投資元本の回収も早くできてしまいます。軟調な相場環境を逆に上手く利用することで、さらにリスクを下げることができるのです。

 今回のポイントを以下にまとめてみました。

【ポイント①】
投資初心者は、まずはSBI証券の「NISA」口座を活用。「NISA」枠を使い切ったらGMOクリック証券+GMOフィナンシャルホールディングスの株主優待で手数料無料で投資しよう。
【ポイント②】
「増配株」を選んで積み立てると、30年後の資産には大きく差がつく。年10%の増配をする銘柄なら、30年後に投資元本をほぼ回収できる。
【ポイント③】
お金に余裕があるときは多めの金額、苦しいときには無理のない金額を積み立てればOK!
【ポイント④】
軟調相場で株価が下落しているときに投資した銘柄が、将来の資産形成の大きな味方になる!

 今回は具体的な株式投資のモデルプランも紹介しましたが、それでも読者の皆様の中には、次のような疑問を持たれている方もいることでしょう。

 「老後の備えに、本当に株式投資がいいのかな? もっとリスクの低い金融商品や安定した家賃収入が見込める不動産の方が良いんじゃないの?」
「そんなに株式投資が有利なら、個人年金や確定拠出年金なんかやらずに、株式投資で全部済ませれば良いんじゃないの?」

 次回は、そんな疑問に立川が挑戦してみます。題して「サラリーマンの株式投資、何から始めればよいのか? 自分年金は本当に株式投資で作るべきなのか?」です。乞う、ご期待!

■立川さんが利用している証券会社はGMOクリック証券とSBI証券!
⇒GMOクリック証券の詳細(公式サイト)を見る
⇒SBI証券の詳細(公式サイト)を見る

GMOクリック証券 【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(税抜) 詳細情報(公式サイトへ)
10万円 30万円 50万円
88円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
ネット証券でも最安レベル
で、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用中。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【GMOクリック証券の関連記事】
◆株主優待名人の桐谷さんの【お墨付きのネット証券】は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
GMOクリックの口座開設はこちら!

【※立川さんが登場する記事はこちら!】
「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出したシンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説!

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介


個人投資家・立川 一(たちかわ はじめ)さん
(『Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目指す立川一の投資日記』:http://vis2004.blog.fc2.com/)
40代のサラリーマン投資家。中学生のころから株に興味を持ち、2004年から本格的に株式投資を開始。バフェットの本に影響を受け、最初はバリュー投資からスタートしたが、次第に増配株のメリットに気がつき、現在の投資手法を確立する。趣味である楽器演奏の腕前はかなりのもので、週末にはライブ活動も行っているとか。


株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年8月17日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 499本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2617本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2606本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1134本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。2018年8月31日まで「Monex Advisor」で10万円以上の運用をはじめると、抽選でロボット掃除機などのスマート家電が当たるキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 841本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 180円 180円 0本
【おすすめポイント】
国内株式のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。新規口座開設で3カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株 Best71
高利回り投資入門
株主優待ベスト104

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【高配当株Best71&高利回り投資入門】

桐谷さん×WWW9945さんの酔いどれ座談会! 
極意と注目株、時々ホンネもポロッ

買っていい×買ってはダメ
高配当株投資の6つのチェックポイント

割安すぎ大型株16
10万円未満株16
攻守備える万能株6
不況に強い増配株6
・激安の10倍期待株14
●JT&日産自動車は買いか?
●連続増配の高利回り株ベスト12
●Jリート&インフラファンドを狙え
初心者はココから! 配当株投資のキホン!
会社員こそ高配当株を買うべき理由

企業型&iDeCo確定拠出年金のお悩み相談室

iDeCoで買える全191本の投信をメッタ斬り! 

海外株超入門
米国や中国など高い成長力が魅力! 

FXで副業生活
元手10万円で月2万円も! 

<別冊付録>ドカンと1冊まるごと株主優待
最高利回り248%
権利確定する株主優待ベストセレクト104
桐谷さんプロの激オシ読者の1番人気株


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング