就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
12年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。

コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、就職活動ができずにいる今、
じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。

とりわけ、22年卒の就活生を取り巻く環境は激変している。

その中で、6月1日から就活情報サイトがいっせいにオープンし、
いよいよ就活生たちは、就職活動の第一関門である夏のインターンシップへの応募を開始する。

今回は、就活生が最初にする「志望業界選び」において、
今、就活生に気をつけてほしいことをまずお伝えしていきたいと思う。
(構成/熊谷智宏、ダイヤモンド社・和田史子、撮影/宇佐見利明)

コロナ禍で就職活動をおこなう大学生
コロナ禍で就活はどう変わったのか。6月1日からの情報サイトのオープンでどう情報収集していけばいいか。

6/1、いっせいにオープンする就活サイト

我究館館長の熊谷智宏さん
熊谷智宏(くまがい・ともひろ)
我究館館長
横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。現在までに3000人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。難関企業への就・転職の成功だけでなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。著書に「絶対内定」シリーズがある。

この1ヵ月で就活生から

「やりたいことがわからない」

「自己分析の方法がわからない」

といった相談を受けることがぐっと増えてきた。

例年、就活が始まるこの時期によくされる質問だが、実は今年は事情がやや特殊だ。新型コロナによる外出自粛で、自己分析や情報収集の場が減っているのだ。

コロナ禍でままならない「情報収集」

新型コロナの影響により、今年の就活生はここ数ヵ月自宅で自粛生活を送っている。
それにより例年、この時期の就活生が自己分析を深めたり、情報取集をしたりする機会が激減している。

特に激減している「機会」とは以下のとおりだ。

・先輩の就職活動の話を聞く
・同学年の就活の動向把握や情報共有をおこなう
・大学が開催する就職ガイダンスに参加する
・大学のキャリアセンターでの直接指導を受ける
・就職支援企業が行う就活イベントや合同説明会に行く

つまり、「第三者」から直接情報を得る機会がほとんどないということだ。

そのため、一人で自己分析や業界選定をせざるを得ない。
ゆえに、冒頭のような疑問や不安を抱えることになっている。