「マウスを使わずにパソコンの操作をする」。最近、この「脱マウス」への関心が高まっている。新刊『脱マウス最速仕事術』を上梓した森新氏は、その背景には、マウスとキーボードの間を手が何度も行き来する「時間のムダ」と「作業ストレス」の改善へのニーズがあると言う。森氏は独自に研究を重ね「脱マウス」のメソッドを開発し、年間88万回ものクリック数を削減、「年間120時間のムダ」を解消した。セミナーの参加者からは、「誰でもマスターできる」と好評だ。本連載では、満足度97%超のメソッドを凝縮した『脱マウス最速仕事術』(ダイヤモンド社)の内容から、時短に大きく貢献する「脱マウス」の技術をどんどんお伝えしていく。

Photo by Adobe Stock

これまでなかった「個人のレベル」に合わせた体系的な学習法

 「パソコン仕事の時短を図るためにショートカットキーを覚えよう」

 こう決心した人のほとんど全員が、『ショートカットキー大全』のようなタイトルの本を読んだり、「覚えておきたいショートカットキー10選」といったネット記事を見たりして勉強することでしょう。そして真面目な人ほどキーの組み合わせを暗記しようと頑張ります。

 しかし、ショートカットキーは、誰もが同じように暗記すればよいというものではありません。

『脱マウス最速仕事術』巻頭付録「ショートカットキーMAP 単体~左手系 厳選まとめ」拡大画像表示

 スマホではストレスなくデータ入力できるものの、パソコンのキーボードは苦手という人と、パソコンのキーボードに慣れていても、ショートカットキーは2~3個しか使えず、操作全体の速度が上がらないという人とでは、覚えるべきショートカットキーが違えば、覚える方法も違うはずです。

 たとえば、コピー&ペーストのキーを考えてみましょう。コピーは[Ctrl]+[C]、ペースト(貼り付け)は[Ctrl]+[V]です。

 コピーのキーもペーストのキーも左手だけで押せますね。右手はマウスに置いたままで使えるキーなのです。ですから、キーボードを使いこなしている人のみならずキーボードにあまり慣れていない人でも使いやすい。しかも使用頻度の高い操作なので、比較的早い段階で覚えるのに適したキーです。

 ところが貼り付けするキーが、ペースト(Paste)の頭文字の[P]だったらどうでしょう。[Ctrl]+[P]で貼り付けるとなると、[P]は右手で押すことになります。

 両手でキーを押すので難易度がぐっと上がります。ペーストが[Ctrl]+[P]だった場合、ある程度マウスから解放されて、両手がキーボードの上にあることが多い人なら楽に使いこなせるでしょう。

 これに対して、左手はキーボードの上だけれど、右手はマウスに置いているというステージの人にとって、「よく使うコピー&ペーストのキーから覚えましょう」と言われて、[Ctrl]+[P]での貼り付けを教えられても、手が動きづらく学習効果がなかなか上がりません。

 そのため早々にショートカットキーを覚えるのをあきらめてしまうかもしれません。

 そうならないためにも、ショートカットキーは各人のスキル、レベルに合わせて覚えるべきです。マウス依存を減らし、脱マウスを実現するには、皆さんそれぞれのレベルに応じて学ぶことが必須であり、近道でもあるのです。

『脱マウス最速仕事術』巻頭付録「ショートカットキーMAP 全体まとめ」拡大画像表示

 各種のショートカットキーを分類して並べた書籍やウェブページは多数あります。そして、多くの人が仕事を効率よく進めるためにショートカットキーを使いたいと思っています。

 にもかかわらず、実際にショートカットキーを使いこなしている人は、ごく少数です。それは、ひとえに各人のレベルを考慮しつつ体系化された覚え方がなかったためです。

 やみくもにキーの組み合わせを覚えようとするのではなく、このキーの意味は何なのだろう、どんなときにこのキーを使うのか、類似の組み合わせはないか、などを考えながら体系的に知識を得ていき、手を動かしやすいところからキー操作に移行していけば、もっと無理なくショートカットキーを覚えられるはずです。