生物とは何か、生物のシンギュラリティ、動く植物、大きな欠点のある人類の歩き方、遺伝のしくみ、がんは進化する、一気飲みしてはいけない、花粉症はなぜ起きる、iPS細胞とは何か…。分子古生物学者である著者が、身近な話題も盛り込んだ講義スタイルで、生物学の最新の知見を親切に、ユーモアたっぷりに、ロマンティックに語る『若い読者に贈る美しい生物学講義』が発刊。8刷、4万部突破のベストセラーになっている。
出口治明氏「ドーキンス『進化とは何か』以来の極上の入門書。」、養老孟司氏「面白くてためになる。生物学に興味がある人はまず本書を読んだほうがいいと思います。」、竹内薫氏「めっちゃ面白い! こんな本を高校生の頃に読みたかった!!」、山口周氏「変化の時代、”生き残りの秘訣”は生物から学びましょう。」、佐藤優氏「人間について深く知るための必読書。」、ヤンデル先生(@Dr_yandel)「『若い読者に贈る美しい生物学講義』は読む前と読んだあとでぜんぜん印象が違う。印象は「子ども電話相談室が好きな大人が読む本」。科学の子から大人になった人向け! 相談員がどんどん突っ走っていく感じがほほえましい。『こわいもの知らずの病理学講義』が好きな人にもおすすめ。」、長谷川眞理子氏「高校までの生物の授業がつまらなかった大人たちも、今、つまらないと思っている生徒たちも、本書を読めば生命の美しさに感動し、もっと知りたいと思うと、私は確信する。」(朝日新聞2020/2/15 書評より)と各氏から絶賛されている。
このたび、『若い読者に贈る美しい生物学講義』の著者更科功氏とベストセラー『哲学と宗教全史』の著者であり、”現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長との対談が実現した(第3回。全5回、毎週日曜日掲載予定)。累計50万PV(ページビュー)を突破した大好評連載のバックナンバーはこちらから。(対談記事構成・藤吉豊)

Photo: Adobe Stock

「生物の進化」はほとんどわかっていない

出口治明(以下、出口):先日、宇宙物理学者の吉田直紀先生と対談をさせていただきました。観測技術やAIの飛躍的進歩によって、宇宙の謎は秒進分歩で解明されているそうですが、それでも吉田先生は、「人間の英知で解明できたのは、全体の17%くらい」だとおっしゃっていました。

更科功(以下、更科):「生物の進化」にしても、ほとんどわかっていません。

出口:現時点で、生物の謎はどれくらい解明されているのですか?

更科:たとえば「種の数」でいえば、おそらく1%にも満たないと思います。哺乳類のように、多くの人が関心を持ち、かつ目に見えるくらい大きなものはかなりわかっていると思いますが、そういう生物はほんの一部にすぎません。

出口:なるほど。では、進化理論についてはどうですか?

更科:進化理論に関しても、わかっていないことがたくさんあります。わかっているのは、せいぜい、10%くらいではないでしょうか。

更科 功(さらしな・いさお)
1961年、東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。民間企業を経て大学に戻り、東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。専門は分子古生物学。東京大学総合研究博物館研究事業協力者、明治大学・立教大学兼任講師。『化石の分子生物学』(講談社現代新書)で、第29回講談社科学出版賞を受賞。著書に『宇宙からいかにヒトは生まれたか』『進化論はいかに進化したか』(ともに新潮選書)、『爆発的進化論』(新潮新書)、『絶滅の人類史』(NHK出版新書)、共訳書に『進化の教科書・第1~3巻』(講談社ブルーバックス)、新刊に『若い読者に贈る美しい生物学講義』(ダイヤモンド社)などがある。

 ダーウィンは数多くの進化理論を提唱しましたが、そのすべてが正しいわけではなく、むしろその多くは間違いでした。「大当たり」だったのは自然淘汰だけで、それ以外は、「はずれ」が多いのです。

 ダーウィンが進化論の礎を築いたことは間違いありません。ですが、現在の進化生物学において、ダーウィンの説がすべてそのまま受け継がれているわけではないんです。

出口:ダーウィンは、「自然淘汰」という万馬券を当てたわけですね(笑)。