3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類(医学部)に合格させた
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者・佐藤亮子ママは、
0歳から18歳の大学入学までを全力でサポートするため、
「お金」も「時間」も惜しまなかった。
長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせ、
「絵本1万冊、童謡1万曲」を3歳まで読み(歌い)聞かせ。
専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
家族で図書館に出かけて一度に30冊以上借りてもいた。
公文式だけでなく、スイミング・バイオリン・ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。
参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
「10冊あったから優れた1冊を選べた」と思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。
なにより貴重なのは「時間」。
時間を最大限有効活用するためには「お金」を惜しまない。
子どもの将来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者が、
これまで語ってこなかった「東大とお金」について、その秘密を初公開!

算数
Photo: Adobe Stock

習い事を厳選したいのならば……
2つの場合と1つの場合のおすすめ

わが家は、みんな一緒に同じ習い事をしていたので、みんなで同じ話ができて教えあったりもできたので、どの習い事も楽しく通っていました。

習い事の数をもう少し絞りたいというのであれば、公文式の算数とスイミングの2つがおすすめ。

1つだけというなら、公文式の算数がおすすめです。

子どもの体力や興味、積極性によっては、習い事は3つより少し増やしてもいいでしょう。

特定の分野で段違いに優れた能力を発揮するお子さんもいますから、それで将来食べていけるように、相当なお金をかけて育てるという特殊なケースも考えられます。

子どもの興味や適性を探るため、最初はある程度たくさんの種類を習わせて、そのなかから適性度合によって、続けるものを見極めるという考え方でもいいでしょう。

そこのあたりは人それぞれ、ある程度の幅を持たせて判断していいと思います。

やってはいけないのは、「ほかの子が習っているから」「これを習わせないとカッコ悪い」というように、親の虚栄心で習い事を増やしてしまうことです。

たくさん習い事をさせてお金を使ったのに、子どもは疲れただけで楽しくもなく、嫌な思い出だけが残ったというのでは本末転倒です。

子どもは大きく育つにつれて、お金がかかるようになり、必要になるお金のケタが違ってきます。

なにを習わせるのか、いつまでに、どのくらいお金を使う余裕があるのか。自分の家庭でのバランスが大切なのです。