他者は、私とは違う現実を見ている存在

 慢性疾患に対し、日常的なセルフケアの変革を重ねていくのは、なんともノロノロしていると思われるかもしれません。

 しかし考えてみてください。

 そもそも、日本の企業社会は一気に暗くなったのではなく、大小様々な出来事を経験しながら、徐々に暗さを増してきているのです。長い時間をかけて悪化してきたのですから、長い時間をかけなければなかなかよくなることはない。だから、少しずつ変革的な対話を重ねることで、明るさを増していく方向に舵(かじ)を切っていくしかないのです。

 時代は大きく変わっているように見えます。しかし、焦りは禁物です。

 大小様々な問題が日々起きますが、その一つひとつに、着実な変革への糸口が「問題」として隠されています。

 私たちはその問題を大切にしながら、一歩ずつ着実に、変革を進めて行く必要があります。飛び道具はないのですが、私たちには他者というやっかいな、しかし、とても大切な存在がいます。

 他者は、私とは違う現実を見ている存在です。そのため、自分では気づけないことも、案外簡単に気づいて指摘してくれます。

 互いに異なる視点から物事を考えるとき、新たな一歩が見出せるのではないでしょうか。

 それは小さな一歩にすぎないかもしれませんが、確かな一歩なのです。

好評連載、人気記事

なぜ、「なぜ?(why)」と問うのが、ダメなのか?
「心理的安全性の罠」にダマされるな!
「1 on 1」と「2 on 2」の違いってなんだろう?
「ティール組織にしよう」というアプローチが極めてナンセンスな理由
体験者が初告白!「私にとって 2 on 2 は、言語化できないモヤモヤの正体が形になって現れた衝撃の体験でした。」