テレビなど各種メディアで話題となり、日本人の食生活を変えた90万部超の大人気ベストセラーシリーズ待望の最新刊『医者が教えるダイエット 最強の教科書が刊行される。20万人を診た糖質制限の名医・牧田善二氏が、最新の医学的エビデンスに基づき、最も効果的なダイエット法をわかりやすく解説するだ。「食欲をガマンしない」「キツい運動はしない」「お酒を飲んでOK」などダイエットの常識が次々と覆される。本稿では、本書から特別に一部を抜粋して紹介する。

医者が教えるダイエットPhoto: Adobe Stock

「食べ過ぎたら太る」は誤解

 よく「私は水を飲んでも太るの」と主張する人がいます。

 でも、そんなことはあり得ないと、たいていの人は知っています。そして、たいていの人は「食べ過ぎるから太るんだ」と考えています。

 しかし、この解釈も正しいとは言えないのです。

 正確には、食べ過ぎたら太るものと、たくさん食べても太らないものがあって、多くの人が前者に偏った食生活を送っています。

本当のところ、何を食べると太るのか?

 では、食べ過ぎたら太るものとはなんでしょう。

 以前は、「カロリーの高いもの」「油っぽいもの」がダイエットの大敵だと言われていました。

 たとえば、マヨネーズやバターは太る食品の代表とされてきました。

 今でもそのように考えている人がいますが、医学的に大間違いです。

 私たちを太らせるのは、カロリーや脂肪ではありません。

 人は糖質によって太ります。太っている人は、成分としての糖質を1日300g以上摂っています。500gくらい摂っている人もいます。

 それに対して、脂質やタンパク質は5分の1の60g程度。つまり、圧倒的に糖質に偏った食事をしているのです。

 ここで大事なのは、ごはん、麺、パン、パスタ、イモ類などの炭水化物は、すべて糖質だということです。

 これら炭水化物は「多糖類」といい、消化・吸収の過程ですべてブドウ糖に分解されます。砂糖は「二糖類」で、やはりブドウ糖に分解されます。

 要するに、ごはんを食べるのは砂糖を食べるのと同じなのです。

体につく脂肪は、炭水化物からつくられる

 こうして分解されたブドウ糖は、小腸から血液中に吸収されます。

 そして、血中のブドウ糖が増えて血糖値が上がります。

 このときに、血糖値が上がり過ぎないようにインスリンというホルモンが分泌され、血中に溢れたブドウ糖をグリコーゲンに変え、肝臓や筋肉に蓄えます。

 ただ、その貯蔵量は100~200g程度と限られており、余ってしまったブドウ糖が今度は脂肪に形を変え、脂肪細胞に取り込まれるのです。

 これが、科学的に正しい肥満のメカニズムです。

「脂肪を食べても太りません!」

 一方で、脂肪を食べても太りません。

 脂肪は、私たちの体に37兆個もあると言われる細胞の膜の材料として、どんどん消費されます。

 ホルモンをつくるためにも脂肪は必須です。にもかかわらず、1日に60g程度しか摂っていないのですから、そもそも過剰にはなりません。

 たとえ摂り過ぎても、そのまま便に出てしまうことが多く、あまり吸収されません。

 脂っこい料理をたくさん食べた翌日、トイレの水に浮くような便が出ることがありますね。

 あれは、便に脂肪が混ざって水より軽くなっているからです。

 このように、脂肪の吸収効率が悪いのに比べ、炭水化物はほぼ100%がブドウ糖として血中に取り込まれます。

 そして、前述したメカニズムによって、私たちの体を太らせていくのです。

(本稿は書籍『医者が教えるダイエット 最強の教科書──20万人を診てわかった医学的に正しいやせ方』から一部を抜粋・編集して掲載しています)