30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

英語のほめ方

さりげなく人をほめたいときは?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「スカーフ、素敵ですね。色がきれい」

次のような英語が浮かんでくるかもしれません。

× Your scarf is nice. The color is beautiful.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 相手の素敵なところを見つけたときの表現です。「あなたのスカーフ、素敵」とほめたいとき、Your scarf is nice.でも正しいですが、あなたの「気持ち」が十分に込められていません。

 また、面と向かって人をほめる場合のniceは使われすぎており、状況や言い方によっては「それほどniceではない」というニュアンスが出ることもあります。

 さらに、The color is beautiful. と言われた相手は、この「色が美しい」という客観的な描写表現が、かえって大げさに聞こえてしまうかもしれません。

 さりげなくほめたいときには、逆効果です。

 そこで、会話をより生き生きさせるために、「私」を主語にしてみましょう。「私」を主語にしたら、その次にポジティブな気持ちを表す動詞を検討してみましょう。

※関連記事 日本人の英語は長い! 「3語」で伝える10のコツ

「3語の英語」にしよう

(1)私 (2)好き (3) あなたのスカーフ
(1)私 (2)好き (3) 色

ポジティブな気持ちを表すlike(~が好き)を使います。気持ちを伝え、相手に関心があることを伝えるとよいでしょう。

 I like your scarf. I like the color.

I like...で見たままの相手をほめよう

 外国人はほめ上手。一方私たちは、ほめたりほめられたりすることが少し苦手です。ほめられると謙遜してしまい、また相手のことを素敵だと思っても、なかなかほめられません。

 そんなときにはI like...の出番です。相手のよいところを見つけ、I like...と気軽に相手に言ってみましょう。例えば素敵なシャツやネクタイ。身につけているものは何でもほめて大丈夫。いつもと違うところを探して、相手をほめてみましょう。