総合病院で2000人のリハビリに関わってきた理学療法士が、ストレッチよりはるかに簡単なのに、驚くほど効果のある奇跡の「うつぶせ」療法を紹介します。
たった1分の「うつぶせ」を習慣にするだけで、猫背、腰痛、肩こり、首の痛み、不眠、疲労、冷えといった体の不調が改善し、高齢者には誤嚥予防にもなります。
「うつぶせになるだけで、本当にそんなに効果があるの?」
と思うでしょうが、どうしてそんなに効果があるのか、その納得の理由を『うつぶせ1分で健康になる』から一部抜粋し、再構成して紹介します。

忙しく稼働している頭が休まり、
足先まで血流がよくなる

乾亮介(いぬい りょうすけ)
理学療法士、ピラティスインストラクター
関西医療学園専門学校理学療法学科卒業。理学療法士資格を取得後、医療法人宝生会PL病院リハビリテーション科に勤務し、16年間でリハビリに関わった患者は2000人を超える。整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心疾患などあらゆる患者のリハビリに携わる。同時に訪問リハビリや学会発表、論文執筆、講演や理学療法士養成校の非常勤講師など精力的に活動し、2012年には畿央大学大学院健康科学研究科にて修士号(健康科学)を取得。ピラティスインストラクター資格を取得後、2017年4月に独立して予防医学サロン&ピラティススタジオ「リハティスプラス」を開き、地域の予防事業や全国各地で研修会やセミナーの講師を務める。

 うつぶせを実践すると、よく眠れるようになったという感想は、日々多くの方からいただきます。
 私のサロンや講習会で、うつぶせを実践された方の感想を紹介します。

「うつぶせを始めて2、3日くらいから自分では気づかない間に爆睡してしまい、朝の目覚めもよくなりました。寝る前に2分くらいうつぶせになっています。最初は半信半疑でしたが、今では職場の人にもすすめています」【50代女性】

「夜中に目覚めた時に普通に仰向けで寝ていると、余計なことを考えてしまうんですけど、うつぶせになると、不思議と余計なことを考えないので寝つきがよくなります」【60代女性】

「寝る前にしばらくうつぶせになっていると、足先が温かくなるのが早く、すぐに熟睡できるように感じました。また同じ睡眠時間でも疲れが取れています。熟睡できるので眠りの質が上がっているのでしょうか?
 朝はうつぶせになってしばらくしてから起き上がるようにすると腰への負担が少なく、体も無理なく目覚めてから起き上がるので動きがスムーズです」【50代女性】

 眠りの質もさることながら、寝入るまでの早さ、「寝つき」に効果を感じる方が多いようです。
 その理由は、第一に呼吸です。
 呼吸が深くなると副交感神経が優位になり、リラックスすることが睡眠につながります。
 次に、全身の血流がよくなり、足先まで温かくなることがあげられます。