「お金持ちになるための方法」について、ここまでわかりやすく語られていた本が、いまだかつてあったでしょうか。『15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』が発売早々、話題を呼んでいます。「15歳から学ぶ」と謳われているとおり、とてもわかりやすく書かれていますが、見くびってはいけません。ベテランのビジネスパーソンが読んでも唸る内容なのです。「もっと若いときに読んでいれば……」と呆然とする人が続出中です。著者である奥野一成氏は、プロの投資家から約4000億円の資産を預かり運用実績を上げ続けるファンドマネージャー。「お金持ちになる」なんて、よほどの能力がない限り無理じゃないかと思う人も多いでしょう。けれど奥野さんは「時間」という資産の使い方次第で、お金持ちに近づけると語ります。今回は、よりよい人生を送るための自己投資術について聞いてみました。(取材・構成/川代紗生、撮影・疋田千里)

「お金」だけではなく「時間」も投資可能な資産である

──今回の本、本当に勉強になりました。お金持ちになるための方法がとてもわかりやすく書いてあって。なかでも、自分の資産をどこにどう投下するか、という「自己投資」の論点は納得でした。「時間」も投資できる資産なのですね。

奥野一成(以下、奥野):私は、広い意味での投資とは「現在の資産(時間、才能、お金)を投下することで、将来的により大きな資産(時間、才能、お金)を得ようとすること」であると定義しています。投資できるものって、お金だけじゃないんですよね。「3つの資産をどう使えば、自分という道具をより高めていけるだろう?」という「自己投資」の視点を持つだけでも、日々の選択や行動は変わってきますよね。

奥野一成(おくの・かずしげ)
農林中金バリューインベストメンツ株式会社(NVIC) 常務取締役兼最高投資責任者(CIO)
京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクール・ファイナンス学修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2014年から現職。バフェットの投資哲学に通ずる「長期厳選投資」を実戦する日本では稀有なパイオニア。その投資哲学で高い運用実績を上げ続け、機関投資家向けファンドの運用総額は約4000億円。更に多くの日本人を豊かにするために、機関投資家向けの巨大ファンドを「おおぶね」として個人にも開放している。著書に『教養としての投資』 『先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』など。