どんな時代でも生き残れる不動産投資家になるための極意とは何か? 不動産投資で利益をあげ続けるためには、基本となる知識やノウハウを学ぶ必要があります。ハーバード大学デザイン大学院で最先端の知識を学び、それに自身の体験から得たノウハウをミックスして体系化したハーバード式不動産投資術』(上田真路著、ダイヤモンド社)が発売されました。本連載では、世界のどこでも通用する、遍的で再現性のあるナレッジである不動産投資術について、同書の中から抜粋してそのエッセンスをわかりやすくお届けします。良い不動産をデザインするとは、どういうことか? 驚異のリターンを実現するファイナンスの極意とは? 不動産投資のリスクをどうコントロールしたらいいのか? などについて、実際の事例(ケース・スタディ)を踏まえてそのメカニズムを解き明かしていきます。不動産投資を始めたいと思っている人、すでに始めている人、さらに上を目指したい人必読です。好評連載のバックナンバーこちらからどうぞ。

Photo: Adobe Stock

「持ってよし、売ってよし」の物件に投資する

 不動産投資で資産を形成するために重要なのは、まずは小さな資産を指数関数的に増やすイメージを掴んでもらうこと。

 そして、この指数関数の伸びを実現するために、平均的な家賃や資産入れ替え時にリターンの出づらい投資に甘んじてしまうことではなく、平均を上回り、常にアルファを創造してくれる投資を実行し続けることだ。

 理想的な資産拡大の未来図を描き、それに近づけるために、投資の途中でもアルファを生み出すことを続けていればこそ、投資成績を上げるための調整も可能になってくる。

 これは指数関数の未来予想図を超えて、上振れした場合も、下振れした場合も、両方に対応できるという意味だ。

 王道の戦略としては、「持ってよし、売ってよし」の物件に投資することで、資産入れ替えのタイミングを景気のサイクルに合わせてベストタイミングで調整しながらキャピタル・ゲインを最大化するというものだ。

 このインカム・ゲインとキャピタル・ゲインの両方を満たす物件を仕込むためにも、ぜひ前回前々回で説明した5つのステージでの平均を超えるアルファづくりにこだわって欲しい。