渡部 幹

渡部 幹

モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。
クーデター企業、セクハラ大学の「確執」に学べ!“普通の人”がブラック化するコミュニケーションの罠
シニア、バブル、ゆとり同士で罵り合っていないか?米国で痛感した異文化間コミュ力“文化的知性”の重み
自分に好印象を抱かせたいなら、相手の手を温めろ?脳科学で解析、ビジネスを有利に進める“冬の鍋”効果
ブラック組織はバブル期も今も変わらぬ“日本の伝統” ユニコーンの楽曲から考える労働問題の根本的な誤解
会社で自信を打ち砕かれ、ネットでは万能の神と化す 日本人を自己卑下と自己高揚に偏らせる「比較の罠」

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP