99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。今回は一白・四緑・七赤の子をどう育てるかに焦点を当てる。

「一白・四緑・七赤」の子どもたち
2020年の教育改革からどう成長する?

 今日は前回の続きです。
 知性系「水の一白・風の四緑・湖の七赤」の子どもたちは、2020年の「教育改革」以降に求められるコミュニケーション力と自己表現力について、どのように向き合えば、自分の長所を最大限に発揮できるのかをご紹介していきましょう(「水の一白」〜「火の九紫」まで誰でも9タイプに分かれる判定法は本書参照)。

 何度も言いますが、誰もが同じようなコミュニケーション、自己表現をしてもダメなのです。人には向き不向きがあるように、その(コミュニケーションと自己表現)方向性を間違ってしまうと、その人が本来持っている、天性の素晴らしい気質を台なしにしてしまうこともあります。

 人間力というものは、多岐にわたります。人の心を引きつけるスピーチ、相手を納得させる交渉力、はたまた、芸術性の高い創作活動もそうでしょう。それらはすべて、これからのAI時代でも活躍する人間特有の「自己表現」です。

 そして、「ナインコード」で人間一人ひとりを見れば、それぞれがどんな領域の自己表現を磨いていけば最高に輝く人生を送れるのかが、ある程度、わかってきます。

 今回は、その中の知性系「一白・四緑・七赤」の子どもたちは、将来に備えて、どんなふうに、コミュニケーション力と自己表現力を磨き、身に着けていくべきかをお伝えしていきたいと思います。
 一白・四緑・七赤のお子さんを持つ親御さんは、必見ですよ。